スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ・フレンド・フォーエバー

03 01, 2012
MV5BNTcyMDM2NjkzOF5BMl5BanBnXkFtZTcwNzg0MDcyMQ@@__V1__SY317_CR4,0,214,317_


原  題:The Cure
監  督:ピーター・ホルトン
日本公開:1995年8月(アメリカ製作)
上映時間:97分
キャスト:ブラッド・レンフロ、ジョゼフ・マゼロ、アナベラ・シオラ、ダイアナ・スカーウィッド、ブルース・デイビソン ほか

(あらすじ)
ある日、エリックの家の隣に新しい住人が引っ越してきた。その家の子供デクスターはHIV感染者だという。始めは戸惑い、敬遠していたエリックだったが、やがてデクスターと心が通い合い、友情が芽生えてきた。そしてエリックは“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。(allcinemaより)



image83_20120301143827.jpg

素敵な映画でした。
DVD発売はされていなかったそうですが、なんと!!
2012年5月にDVD発売が決定されたそうです!!!(ニコニコ動画情報)
これは買う!
少年の甘酸っぱい冒険と青春と友情が詰まった映画です。鑑賞後は自分もやさしい気持ちになれますし、少年たちの子どもらしい優しさに涙ぐんでしまうと思います。


image78_20120301140734.jpg

ブラッド・レンフロ…。゚(゚´Д`゚)゚。
子役の行く末ってやっぱりこういうのが多いんですね。
影のある、憂いを含んだ顔が美少年ならでは。


image79_20120301140734.jpg

ジョゼフ・マゼロくんは子猫みたいでめちゃくちゃ可愛かったぁ(*´Д`*)
笑顔と笑い声がかわいすぎる。





追記で感想・ネタバレ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

はねるのトびら出演「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」宣伝のジュード・ロウ

02 29, 2012
image76_20120229214505.jpg

「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の宣伝で2月29日(水)19:57~放送のはねるのトびらにジュード・ロウが出演してましたー!
携帯撮影のクオリティ。゚(゚´Д`゚)゚。
しかし相変わらずのハゲ方ですがすがしい。
しかももとから禿げてるのになんで短くしたの?
普通前髪作って隠そうって思うでしょう。もうどうでもよくなったの?


インタビューに行ったキング・コング梶原について…
ジュード「知ってる、キング・コングだろ?」
↑絶対知らなかったであろうwww

この日の番組内、出産祝いの特番だったんですがインパルス堤下について…
ジュード「赤ちゃんが生まれたのは…性格が悪くて…みんなに嫌われてて…背中が汚い人?」
↑誰だジュードにこんなこと言わせたのは


ノリがよくて、とてもいい人だったから良かったものの、日本へ抱くイメージは良くなってはいないと思います(*_*;
やらされてる感丸出しのジュードと痛々しい番組の進め方は見てられなかった。
バラエティ番組だからなのかは存じませんけど、梶原ファミリーが出てきてからちょっと…(゚-゚;)
宣伝だったはずなのに写真撮影会って…(^^;)
ジュードの優しさやかっこよさは伝わってきたのでよかったですが…ジュードも宣伝する番組を選んでほしい。
子ども好きとあってあやすのうまいなーとか思っていたら、あやせてなかったw

とりあえずジュード・ロウっていい人!


image77_20120229212606.jpg



3月10日公開 シャーロック・ホームズ シャドウゲーム
MV5BMTQwMzQ5Njk1MF5BMl5BanBnXkFtZTcwNjIxNzIxNw@@__V1__SY317_.jpg

見たいです。



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
0 CommentsPosted in 日記

壊れた

02 28, 2012
パソコン内蔵のDVDドライブが壊れてしまって。゚(゚´Д`゚)゚。こんな状態です。
ノートパソコンなんで、修理費が嵩みそう。外つけのDVDプレイヤーを購入しようと考えてます。
むむむ…
机が狭くなる…


今年の1月から2月までに鑑賞した映画とか
新作は赤文字
(数字)は満足度

・X-メン (3)
・さまよう魂たち (4+)
ホワイトアウト (2)
・太陽がいっぱい (5)
・キング・アーサー (2+)
・英国王のスピーチ (5)
・ムカデ人間 (2-)
・アナザー・カントリー (3)
・デッド・フィッシュ (3-)
・アレックス・ライダー (3)
・太陽の帝国 (3)
・クロコダイルの涙 (3-)
・シャイニング (4)
ジェフリー・ダーマー (1)
・パーフェクト・ワールド (4+)
・アラトリステ (2)
・メメント (4+)
リトル・ダンサー (5)
オリーバー・ツイスト (3+)
・ブラック・スワン (4+)
・天使にラブソングを… (5)
◆ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル 2/3 (3)
・ライフ・イズ・ビューティフル (4+)
・噂のモーガン夫妻 (3)
・バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2 (4)
・キスキス、バンバン (4)
リベリオン (3+)
・エターナル・サンシャイン (4)
ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ (4)
・ニュー・シネマズ・パラダイス (4+)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い 2/20 (4)
・マイ・フレンド・フォーエバー (5+)
・フィフス・エレメント (2)
・トゥルー・ロマンス (2-)
・Dearフランキー (5)
・狼の死刑宣告 (3-)
・クリムゾン・リバー(4)
・マイ・ライフ (4+)
・トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (1+)
光る眼 (1)
・キル・ビル (2)
・ブラインドネス(2)
・ザ・ワイルド (3-)
・ショーシャンクの空に (5)



好きな作品ほど感想がうまく書けません。なぜだろう。
クエンティン・タランティーノ作品がどうも苦手っぽい。人気ありますけど下卑てるような映画にしか見えなくて。ファンには申し訳ない。「キル・ビル2」はたぶん見ない。栗山千明は可愛かったなー

学校がひと段落してあとは卒業を待つだけなので日々暇を持て余してます。
家ですることって言えば大体映画鑑賞…

そして感想が完全に追いつかなくなった(゜-゜)

映画に関する今年の目標とか考えてたのに書いて無かった。
ゲイリー・オールドマンの映画を全部制覇する。これにしてます。
「フィフス・エレメント」と「トゥルー・ロマンス」は見れた!
「トゥルー・ロマンス」は10分も出演してなかった。相変わらずぶっ飛んでた。
「Guns, Girls and Gambling」は日本で公開するのだろうか。すごくアホ映画っぽくて面白そう。

image75_20120229155159.jpg

「裏切りのサーカス」楽しみすぎる。
皺がセクシーすぎる。
カンバーバッチさんの顔も面白すぎる。

わたしのテレビWOWOW繋いでないので、目ざましテレビでアカデミー賞の受賞を見たんですが、すっごいちらっとゲイリー出てたのを見て来年までには繋いでやろうと決心しました。
主演男優賞ノミネートされてたのに残念でした。゚(゚´Д`゚)゚。
去年みたいにYOU TUBEでもそもそ探そう
2 CommentsPosted in 日記

光る眼

02 27, 2012
MV5BMTY4ODY4NDczNV5BMl5BanBnXkFtZTcwNDY1NzMyMQ@@__V1__SY317_CR5,0,214,317_


原  題:Village of the Damned
監  督:ジョン・カーペンター
製  作:1995年(アメリカ製作)
上映時間:98分
キャスト:クリストファー・リーブ、カースティ・アレイ、リンダ・コズラウスキー、トーマス・デッカー ほか

(あらすじ)
カリフォルニア州の海沿いにある村・ミッドウィッチ。ある日、街中の人間全員が午前10時に気を失い、6時間後に目を覚ますと、街の女性全員が妊娠するという奇妙な事件が起こる。その女性たちから生まれた男女同数の子どもたちは、成長すると不気味な光る眼で大人たちの精神を操り、邪魔する者たちを容赦なく排除していく。
医師チャッフェは、子供たちとの間の壁を崩そうと努力するが、妻を「我が娘」マーラに操られ自殺させられ、それでもなおマーラが自分を親の愛に漬け込んで利用しているのを知り苦悩する。一方、「連れ合い」を生体解剖されて一人になってしまった少年デビッドは、仲間とは異なり人間の情に目覚め、マーラたちから白眼視される。
ある晩、ついに村人たちは暴動を起こすが、子供たちに容赦なく鎮圧される。その時チャッフェは、彼らの真の正体を突き止め、彼らの陰謀を阻止しようと最後の対決に臨む。壁を崩そうとしてきた彼が、心を読まれないよう固い『壁』を思い描いて…。(Wikipediaより)


image13_20120227002320.jpg

ホワイトブロンドの子どもが可愛かったのでついつい借りてしまったわけなんですが、鑑賞した方々ではB級と位置付けられている映画でした。ですからまあ相応なストーリーや低予算具合が分かります。
1960年の「未知空間の恐怖 光る眼」のリメイク版です。
なぜリメイクしたってくらい酷評を受けてます。

ストーリーは感情のない子どもたちが、自分らの住む世界から邪魔な人間を排除してやるー!っていう感じですすんでいきます。
それを食い止めてくれたのが、主人公のおじさん。
前半から後半まで、ぜんぶグダグダっとしてます。盛り上がりもせず盛り下がりもせず、子どもたちがやりたい放題やって、最後爆発させられちゃう映画です。
しかも、ちょっと子どもたちに小言を言っただけでも、光る眼で殺されちゃうのでなんかかわいそう。
台詞の言い方なんかが無機質で子どもらしくなくてまったく可愛げないんですが、顔はみんなかわいらしかった。


image16_20120227002319.jpg

そんな中で、ひとり感情の芽生えはじめた光る眼を持つ子ども、デビッド。
まつげの長さと困り眉毛がかわいい。
この子だけが感情を持ち始めたので最後はこの子だけ救って、あとは爆破!

この子役の子はトーマス・デッカー(1987年生まれの今年25歳)くん。
ミュージシャンを中心に今は活躍中ですが、最近では「私の中のあなた」(2009)「エルム街の悪夢」(2010)に出演しているそうで、役者を続けているそうです。

Thomas Dekker2 Thomas Dekker

こんなイケメンに育ってました。
30 seconds to marsのボーカル、ジャレッド・レトーっぽい。


75.jpg

先祖のチープ臭さはんぱねえ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

02 23, 2012
MV5BMTUxNzYwMTE3NV5BMl5BanBnXkFtZTcwMDY2NzU4Ng@@__V1__SY317_.jpg


原  題:Extremely Loud & Incredibly Close
監  督:スティーブン・ダルドリー
日本公開:2012年2月18日(アメリカ製作)
キャスト:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー  ほか

(あらすじ)
大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。


image12_20120223204018.jpg

2月20日(月)に見に行きました。
映画館2日目だったんですが、(時間帯の関係もあるかも?)私含め4人の女性しか鑑賞してませんでした。

小さい体に抱えきれないほど大きな負担や心に重荷を背負っている少年少女を見るのはすごくつらいです(;_;)



image11_20120223204018.jpg

“太陽の光が地球に届くまでは8分間かかる、だから8分前に太陽が爆発しても地球は8分後にならないとわからない。”
と、劇中で主人公の少年オスカーが言っていました。
とても印象に残りました。

それから、“地上500mのお墓”



ネタバレかどうかわかんないんですが続きで

続きを読む »

◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。