スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビー・フィッシャーを探して

06 03, 2012
MV5BMTI3NzY3ODg3N15BMl5BanBnXkFtZTcwNzU1NzcyMQ@@__V1__SY317_CR5,0,214,317_

原  題:Searching for Bobby Fischer
監  督:スティーヴン・ザイリアン
日本公開:1994年2月5日(アメリカ製作)
上映時間:110分
キャスト:マックス・ポメランク、ジョー・マンテーニャ、ジョアン・アレン、ベン・キングズレー、ローレンス・フィッシュバーン ほか

(あらすじ)
実在の天才少年チェスプレイヤーのジョシュ・ウェイツキンの父親フレッドが、ジョシュの生活を綴った本の映画化。
チェスの才能を持った7歳の少年ジョシュが、周りの期待、強さゆえの苦悩に立ち向かう感動映画


image124_20120603155451.jpg

心温まる映画でした
実在する天才チェス少年のジョシュ・ウェイツキンの本を映画化したものです。

天才的なチェスの才能を与えられた7歳の少年ジョシュは、次々とチェスの大会で上へ伸し上がっていきます。
それで高慢になるわけでもなく、ジョシュはただ単の遊びや趣味と考え、チェスを「相手を打ち負かす戦い」などとは考えていません。
この才能を喜んだり、悲しんだりしているのは大人たちだけであって、当の子どもには分かるはずもないのです。
ジョシュの父、フレッドもそんな大人の一人です。
チェスの才能のある子どもを持ったことで、ジョシュをどうしてもチェスの大会で優勝させたい一心です。
最初はチェスをゲームのひとつとして楽しんでいたジョシュも、フレッドやチェスの講師ブルースによる大人からの押し付けがましいチェスのルール(チェスは遊び出ない弱肉強食であるということ)、公園でスピードチェス仲間と会うことを禁じられ、だんだんと苦痛に思えていきます。


image123_20120603155452.jpg

そして、その苦しさによって初めて一回戦で負けてしまいます。
ジョシュは心やさしい少年です。
負けた相手の気持ちも考えられる、優しい子です。
大会に来ている子ども全員が「大人からの期待にこたえたい」、「大人から無理強いさせられてやっている」、そういう気持ちをすべて知っているように思えました。
一回戦で勝ったとしても、相手は一回戦で負けてしまう、そうしたら負けた相手はきっと大人から叱られてしまうんだろうな、悲しんでしまうんだろうな、と知っているんです。

一方そんなジョシュの気持ちを考えずにいたフレッドは、一回戦で負けたジョシュに対して散々怒ってしまいます。
ですが本当にジョシュを優勝させたいのか?自分の子どもがチェスの才能者だと自慢したいだけではないのか?と考える内、フレッドはジョシュを縛り付けることを止めました。
ジョシュもお父さんが喜んでくれるからと言って、少し自分の心を抑えつけていたようにも思えます。
「お父さんが良いって言う学校なら転校する」「お父さんがやれっていうからチェスをする」という義務感に駆られているようでした

あと、時々親父がチェスのことをしらない学校の先生にヒステリーを起こすのですが、チェスだけでなくみんなと同様に育ってほしい先生やお母さんには理解しがたいことなんだと感じました。
やはりフレッドやブルースがジョシュを縛り付けているように思えます。それに、ただ楽しそうにチェスをうっているジョシュを優しく見守っていたお母さんには同情しました。
劇中で前後が見えなくなり、勝つことに固執しているフレッドとブルースに、お母さんのボニーが「あなたからの愛を失うことを恐れているんだわ、あの子は弱くない、立派だわ。あの子を苦しめるのなら誰であれ私が許さない」と言っていて涙が出ました…


image126_20120603155450.jpg

image125_20120603155450.jpg

終盤の優勝決戦でライバルのジョナサンとチェスをうちあいますが、最後までジョシュは相手の気持ちを考えていられる子でした。
ジョナサンは無表情の高圧的な目をしている子ですが、チェスも心的にも一歩前に進んでいるジョシュは引き分けを申し出ます。ジョナサンは断った結果、大人からひどく叱られてしまいます。どんな相手でも気持ちをくみ取ってあげられるジョシュは本当に素敵な子です…。゚(゚´Д`゚)゚。
のびのびとチェスをできる環境があったジョシュのように、ジョナサンは楽しんでチェスをやっているわけではなく、強くなれという大人の期待から義務でしている感じもしました。

今までの大人たちとのかかわりで、チェスをうつ考えも変わっています。大胆な打ち方は公園のスピードチェス仲間から、頭脳を使った数手先を読む打ち方はブルースから、相手に引き分けを申し出る優しさはお母さんの愛から…
大人の虚栄心によって純粋な子どもの気持ちを押し殺してしまうのは嘆かわしいことだと思いますが、それと同時にジョシュの心の支えになっていると考えると、そのバランスは難しいものだなぁと思います。
というか子ども同士のチェスって、大人同士の戦いのほうに濃いものがありますね…

強い者にしか分からない苦悩もあります。
ですが、それを糧にチェスが強いだけではなく、ジョシュは心も強くなったはずです



題名の「ボビー・フィッシャーを探して」は、大人たちがジョシュを「第2のボビー・フィッシャー」と言っていることもあるだろうし、ジョシュ自身がボビーのような道を歩もうとしていたことから「ボビー・フィッシャーはこういうときどんな気持ちだったのだろうか?」といったジョシュの心の支えにもなっていたんだと思います。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ノウイング

05 26, 2012
MV5BMTMyMjgyMDIyM15BMl5BanBnXkFtZTcwNjg3MjAyMg@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_

原  題:Knowing
監  督:アレックス・プロヤス
日本公開:2009年7月10日(アメリカ製作)
上映時間:121分
キャスト:ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン ほか

(あらすじ)
 MITの宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブが通う小学校では、50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす記念式典が執り行われた。そして当時の生徒たちが想像する未来図が在校生に配られ、ケイレブは数字だけが羅列された一枚の紙を持ち帰ってくる。それに興味を抱いたジョンは、数列に意味があるのではないかと調べ始める。すると、彼の妻が亡くなった2年前のホテル火災の日付や犠牲者数など、過去に起きた大惨事にまつわる数字と一致していることに気づく。さらにその紙には、未来の大惨事を思わせる数字も残っていた。そしてその予想通り、予言された大惨事が現実のものに。ジョンは、さらなる大惨事を食い止めるべく、残された数列の謎の解明を試みるのだったが…。<allcinemaより>



image07.jpg

ちょうど50年前、学校ではタイムカプセルが埋められ、ルシンダは謎の数字を未来へと向けました。
それは世紀末が訪れると告げた数字の暗号であると主人公ジョンは解きますが、誰も信じる者は居ません。ジョンは地球を救おうと試みますが、自然災害や大型事故に一人で対処できるはずもなく、世界が滅亡する時間は粛々と近づいて行きます。
同時期、息子のケイレブ、ルシンダの孫であるアビーに不審な男たちが近づいてきます。
地球の終わりとともに、彼らは新しく世界のどこかで人間が創造し、人間が住まうべきである星があるという目的をケイレブ、ルシンダに伝え、彼らとともにその星へと向かっていきます。ジョンは彼らに選ばれた者ではなかったので、地球の滅亡までに家族とともに時間をすごし、未来を違う星に居る息子へと託しました。

科学的に理解はしませんでしたが、太陽がくしゃみをするみたいに地球へ強い光を一時的に浴びせることで、地球が燃え尽きるらしいです。
ルシンダが未来へ送った数字がきっかけで、ジョンは様々な災害を予知している数字だと確信していますが、「●年●月●日 経緯○○」にあてはめただけというジョンの勝手な妄想であったとの意味にも取れます。偶然に偶然が重なった、ということも拭えないし、その時間に地球が滅亡していたとしてもジョンは結局なにもできず終いであったため、ジョンが主人公である必要性は感じられませんでした。

そして第二の地球へ運ばれたケイレブとルシンダが、イソギンチャクみたいなぬめぬめ動く草原を走り回るシーンで終わり…
どうしてこうなったとしか言いようがない結末で納得はできませんでした…
その上、「この二人しか第二の地球へは運びません」的な雰囲気が流れていたので、地球滅亡寸前に宇宙船が数十個飛び立っているところを見て吃驚しました。世界中の選ばれた子どもの描写も少しでいいから欲しかった。


image06.jpg

image05.jpg

コテコテのCGを使う映画は好きではないので、SF映画ときいて不安がありました…ええ、予想は当たりました…
見ようと思ったきっかけは、ニコラス・ケイジ演じる主人公ジョンの一人息子ケイレブの子役のチャンドラー・カンタベリーくんが可愛かったからなんですよね。(いつも通り)
リアリティあふれる要素を出したかったのかもしれませんが、やはりCGを使った飛行機墜落事故や電車事故の描写、世界が火の海に包まれるシーンには違和感を覚えました。それを抜いたら、中盤までのストーリー展開は引きこまれました。
サスペンス要素がからんでいたので、下手なCGの部分には目をつむっていましたが、後半の展開には思わず閉口してしまいました。

なんとも言えない、お金を大量にかけるものの、中身がすっからかんなハリウッド的ハリウッド映画と言える映画です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ケース39

05 12, 2012
MV5BNTA4NDUyOTE5NV5BMl5BanBnXkFtZTcwOTQ3NzY3Mw@@__V1__SY317_.jpg

原  題:Case 39
監  督:クリスチャン・アルバート
日本公開:未公開(アメリカ・カナダ製作)
上映時間:109分
キャスト:レニー・セルヴィガー、ジョデル・フェルランド、イアン・マクシェーン、ブラッドレイ・クーパー、エイドリアン・レスター ほか

(あらすじ)
ソーシャルワーカーの女性が、親から虐待を受けていた少女を迎え入れたことを機に不可解な死亡事件の数々に遭遇していくさまと、その真相を描いたホラー・サスペンス。児童福祉専門のソーシャルワーカー、エミリーは、ある一家の娘リリーの様子が最近おかしいという39件目の案件に取りかかる。そんな中、両親がリリーを殺そうとする事態が発生し、エミリーは彼女をしばらく引き取ることに。するとやがて、エミリーの周囲で不審死が続出。それは全てリリーの仕業だった。こうしてリリーの恐ろしい正体を知ったエミリーは、自らの手で彼女を殺めようとするのだが…。(allcinemaより)



image128.jpg

子どもが出てくるホラーやサスペンス、自身は大好きな映画ジャンルのひとつです。
この「ケース39」もあらすじを見る限りそう感じ取れたので鑑賞してみました。
題名は、児童ソーシャルワーカーのエミリーが39番目にこの問題を取り扱ったことから付けられています。


養子として引き取られた両親から焼き殺されそうになり、さみしそうなリリーへ愛情を注ぎたい一心でエミリーは自分が引き取り手になってしまいましたが、だんだんと本性を現していくリリーにエミリーは恐怖を感じ始めます。
愛らしいリリーでしたが、その本当の姿は悪魔です。
人の心を読み、自分を厭わしく思う大人や排除しようとする大人へ、本人が一番怖いと感じている物を幻覚として見せ、殺していきます。
それはエミリーの周囲の人間であり、エミリーには耐えがたい悲痛です。
やっとのことでリリーをオーブンで焼き殺そうとしていた夫婦は精神異常や児童虐待ではなく、「悪魔を殺そうとしていた儀式」だったのだと悟りました。
夫婦の話によると、リリーはいたいけな子どもの姿をした悪魔で、人の愛情を食って生きていくということらしいのです。エミリーから自分への愛情がなくなったと感じたリリーはエミリーへ過去のトラウマを蘇らせますが、それに屈しなかったことで、リリーに勝つ≒自分へ打ち勝つという結末を迎えられました。


image129.jpg

夫婦もエミリーもリリーを焼こうとしたあたりで、悪魔は火によって死ぬものなんだなぁと思っていましたが、最終的にリリーは海に落とされて死んでしまったので、最後は駆け足に終わってしまいました。(溺れ死ぬなんて割と人間的)
人間ひとりひとりが持つトラウマには、自分はどういうものが幻覚として現れるのだろうなと思いました。(考えた限りヘビが出てくるかもなぁ…)
登場人物こ一人が、リリーの幻覚によってハチが背中にうじゃうじゃ~っと張り付いているシーンがありましたが、あれはハチ嫌いでなくとも鳥肌が立ってしまいましたね…

某ヴァンパイア映画が流行って来たから、それに便乗してこぞってヴァンパイア映画を作りだす映画会社のように、こういう子どもが出演するホラーは昨今増えてきたようにも思います。
私はこのジャンルは大好きですからそれでも構わないのですが、マンネリ化は否めないです。
子どもが悪魔であるということ自体はオーメン(1979)に似ていましたし、主人公の大事なものを逆手に取るというあたりと話の設定はエスター(2009)にも類似しています。


「ブリジット・ジョーンズの日記」(2004)で役作りのために体を太らせた女優のレニー・セルヴィガーですが、あの後身体はきちんと痩せたにも関わらず、顔だけは痩せないまま5年が経ってしまったように感じました。ジャレット・レトーも「チャプター27」(2007)で大柄な男に変貌しましたが、ダイエット直後の自身のバンド30 seconds to marsのPV「The Kill」でも顔だけは痩せなかったようでしたし、一度太ってしまうと下膨れの状態がずっと続くのでしょうか…

そういえば最近悪魔系統の映画をよく見ます…


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

コンスタンティン

05 08, 2012
MV5BMTE5NDk5NTUyN15BMl5BanBnXkFtZTYwNzUyMDA3__V1__SY317_.jpg

原  題:Constantine
監  督:フランシス・ローレンス
日本公開:2005年4月16日(アメリカ・ドイツ製作)
キャスト:キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイス、シャイア・ラブーフ、ティルダ・スウィントン、ギャヴィン・ロスデイル、ピーター・ストーメア ほか

(あらすじ)
人間の姿に偽装した天使や、悪魔のハーフ・ブリードを見分けられる特殊能力を持って生まれた男、ジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。自分の恐ろしい能力に絶望して、一度は自殺を試みるものの、失敗。生き返った後は、地球上の悪魔の手先と戦うことで、天国への鍵を手に入れようとする。悪魔研究と黒魔術の専門家で、この世とあの世の境界を日々パトロールしているが、努力が報われないために辛辣な人間に。末期の肺ガンに侵されてもタバコを吸い続ける、ヘビースモーカーである。異変はすでに起こりつつあった。ある日、友人の神父からの依頼を受け、悪魔に取り憑かれた少女のもとへ赴いた...(キネマ旬報より)



image126.jpg

DVDの予告集を見て気になったので鑑賞してみました。
話に入り込みづらいのと、カトリックが絡んでいることで私にはあまり合わない映画だったと思います。5回くらいに分けてやっと見終わったので話を理解しているかどうかも分からず…期待していた割に、すかし具合があった映画なのでいい感想はあまりありません。

今作でキアヌ・リーブス出演の映画を初めて鑑賞しましたが、一匹オオカミのクールな役柄をしていることが多いんでしょうか。慣れた雰囲気で演技しているのでそう感じました

主人公のコンスタンティンは、人間ながら神や悪魔と通じられる特殊な人物です。
悪魔を祓ったり、直接天使とお話できたりしますが、自身はたばこで肺がんを患っているという現実的な病気にかかっています
生きたい欲もなく、以前自殺という罪を犯したことで何をしても死後は地獄行きを宣告されている彼ですが、警察官のアンジェラと出会うことで少しずつ変わっていきます。

コテコテのCGで悪魔を表現したり、キアヌ・リーブスのアクション、ホラー映画のような描写、神々の表現などは見所だと思います
ストーリー自体惹かれるところはなかったので、映像の美しさなどを基準に見ていました
特に、冒頭であった悪魔に憑かれた女性はちょっと怖かったです。某有名ホラー映画を思い出しました。
鏡やガラスが割れる映像は凝っていておもしろいです。


image125.jpg

今作でガブリエル天使を演じているティルダ・スウィントンの存在には惹かれました
短髪でひょろっと背の高い、男性のような風貌ですが(デヴィット・ボウイに似ていると毎回思います)、よく見ると美しい女性で、ただの美人女優には表せない雰囲気をまとっているので大好きです

結局悪魔も天使も人間も悪かったり良かったり…諸々ですね、ってことでしょうか。宗教がらみの映画はなぁ…予備知識やカトリックでは当たり前の知識が基準に話が進められていくので、カトリック系ではない私からしたら理解できない部分があったりしてなかなか難しい映画のジャンルです



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

狼の死刑宣告

04 14, 2012
MV5BMTM1NDQzMDg1Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwNzQ0OTk0MQ@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_


原  題:Death Sentence
監  督:ジェームズ・ワン
日本公開:2009年10月10日(アメリカ製作)
キャスト:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン、ジョーダン・ギャレット、ギャレット・ヘドランド ほか

(あらすじ)
投資企業で働いている主人公のニックは、ある日長男をギャングによって殺害されてしまう。それまで幸せだった家庭をギャングによって壊された怒りは裁判によっても癒されることはなく、彼らの罪はニックの思っていたよりもはるかに軽いものであった。ニックは息子を奪ったギャングに復讐しようと誓い、息子を殺害した犯人を一人殺害してしまう。しかし、ギャングたちの探査は素早く、はやくもニックが殺害したと発覚されてしまう。ニックは警察に頼るものの、家族を守ることしか約束されず、彼はギャングを戦うことを決意する。



image123.jpg

ガンアクションが見どころの映画です。
ギャングによって幸せな家庭を一気に壊された父親が復讐をするというストーリーなんですが、ケヴィン・ベーコンの目の表情が後半からぎらぎらなってかっこよかったです。
ですが、話の進め方が少しおかしかったです。 (家族を守ろうとするものの、ギャングがいつ襲ってくるかわからない状況で家族を家に残したまま会社出勤するあたりなど)
主人公ニックの効率の悪さが若干イライラします。
そのあたりは、ギャングなどの裏社会とはまったく関係の無いところで生きていたので戸惑うのも分かりますし、ニックがかっこよくギャングを倒すことを前提に作られたような作品だったので、その過程を上手く作るのは難しいと感じました。
まっすぐな父親の家族思いな感情は伝わってきましたし、銃などに詳しい人は楽しめるのではないかなと思います。


image124.jpg

劇中の警察が頼りになりません。本当に。
ニックが裁判の実刑に納得できず、ギャングを一人殺害してしまい、ギャングの怒りを買います。
「自分はどうなってもいいから家族は守ってくれ」といい、やっとのことで警察を頼るわけですが(一人で解決できると思っていたニックもどうかと思いますが、息子を奪われた怒りから後先考えられなかったと思って納得)、結局警察の力では家族は守れず、ニックはすべてを奪われてしまいます。
もちろんニックの考えが少し浅はかだったとは思いますが、ギャングは野放しにしておきながらもニックの罪を問いただすという、何故かそういうところだけはきっちりしている警察には納得できませんでした。

ギャングが度胸試しで殺害して懲役が数年って…本当に怖い社会だなと感じました。

あと銃を売ってくれたおじさんが「クズを全部殺せ」とカッコいいこと言ってますけど、「あんたがそのクズ育てたんじゃないの?」と思いました。人に殺させるくらいなら、自分の息子はまっとうな息子に育てろと。なに人を使って殺させてんだと。


ケヴィン・ベーコンって世界の悲しさ全部を背負った表情をするのがとても上手でこっちまで悲しくなってくるんですが、序盤で家族と楽しげに過ごしている笑顔をみてこんな顔もできるんだ!と初めて発見した感覚になりました。笑顔もいいですね


監督のジェームズ・ワンは、「ソウ」や「デッド・サイレンス」、「インシディアス」などのホラー系で活躍しているらしいです。
映像の映し方に臨場感があるのでストーリーはともかく、アクションや逃走映画などこれから作っていってほしいと思ってます



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。