スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーン・アフター・リーディング

08 08, 2011
監  督:コーエン兄弟
日本公開:2009年4月24日
上映時間:96分
キャスト:ジョージ・クルーニー、フランシス・マクドーマンド、ブラッド・ピット、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン
あらすじ:アルコール依存症で、CIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコビッチ)は回顧録を執筆していた。オズボーンの妻ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中の彼女は有利に離婚を進めるため、クビになったことに内心喜んでいた。夫のパソコンに入った情報をCD-ROMにコピーして、離婚のための弁護士に渡した。しかし、弁護士は、CD-ROMをフィットネスクラブに落としてしまい、それを拾った従業員のチャド(ブラッド・ピット)はそのCD-ROMがCIAの重要な機密事項だと勘違いした。これをもとに一攫千金を狙おうと考える話を持ちかけられた、同僚のリンダ(フランシス・マクドーマンド)も、それで念願の全身整形のための費用を稼ごうと賛同した。そんな折、リンダは出会い系サイトで見つけたパートナーとデートするが、その相手はなんとハリーだった。財務省のエリートでありながら、彼は複数の女性と平行して交際するセックスマシーンだったのだ。チャドは、CD-ROMの持ち主がオズボーンであることを突き止めて脅迫する。



※注意※
キャストが豪華だからって過度な期待をせずに見ること!


↑私の失敗例です(笑)
出演女優・俳優が素晴らしい!そんな映画は同じく素晴らしい!と勝手に勘違いをしてしまい…



追記でネタバレ・感想です

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
いや~…かなり………(笑)
「えっ終わり!?!?」が一番の感想。最後の投げやり感半端ない。
コーエン兄弟の作品はよく知りませんが、結構有名な監督のようですが……
はっきり言ってめんどくさい内容です。糸が絡みだすとほつれが止まらない…そして彼らには不幸なことがいっぱいおきます。


オズボーン:妻はケイティ。CIAの暴露本を出そうとする。チャドとテッドを殺す
ケイティ:オズボーンの妻。ハリーと不倫関係。CD-ROMに夫のCIA秘密内容をコピー
チャド:リンダの同僚。CD-ROMを手に入れてオズボーンを脅す。家へ侵入した際オズボーンに殺される
リンダ:チャドの同僚。同じくそれで美容整形をしたがる。ハリーと不倫。
ハリー:ケイティの不倫相手。リンダとも不倫。
テッド:チャドとリンダの上司。リンダへ好意を持つ。オズボーンの家へ侵入し勘違いしたオズボーンに殺される。

だいたいこんな感じかな?DVD返したので間違ってたらスミマセン。
一部始終を監視していたCIAのお偉い人が「もうメンドクセ。リンダに金あげてほっとこうゼ」でおしまい。チャドとテッドの死体はオズボーンが処理してそのまま闇の中へ。

見終わったあとは「………………(゜-゜)」本当にこんな感じでした。見るならばひとりで見ることをお勧めします。カップルとか家族では見ちゃだめだと思います。見た後の会話に困る。

ただ、ブラッド・ピット(チャド)のキャラは好き!(笑)
アホ筋肉馬鹿Ipod中毒プロテインを終始飲んでてガムをくっちゃくっちゃ噛み続けている役柄でした。
個人的にこういうブラッド・ピットもかわいくていいなと思います。
むしろこういう三枚目な役柄の方が似合ってるんじゃないかと……
今後またこういう役が彼に来ることを期待しています(笑)
ですが、元CIAオズボーンの家を突きとめて侵入している最中、不幸にもオズボーンが驚き銃を発砲。チャド死亡。

そしてジョージ・クルーニー(ハリー)の役も馬鹿らしくてなかなか好き
オズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)の妻と不倫関係(というか再婚する予定)にありながら、出会い系で知り合ったリンダ(フランシス・マクドーマント)との関係にも惹かれて行きます。
リンダはなかなか出会い系で良い人に会えなかったので、ハリーのユーモア溢れるところや趣味が合うところに「やっとこの人だわ…!」と感じているようでした。
この二人が面白くて、ハリーが地下で内緒で作っていたある卑猥な椅子に爆笑。しかもその馬鹿らしい椅子を見てリンダは「まあ…!素晴らしいわ…!」と驚嘆の声。


結局得したのはリンダだけですね。


あと、関係ないですが、ティルダ・スウィントンが忍成修吾に見えて仕方ないです。
  
似て…ません…?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。