スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベンジャーズ

08 25, 2012

MV5BMTk2NTI1MTU4N15BMl5BanBnXkFtZTcwODg0OTY0Nw@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_


原  題:Marvel's The Avengers もしくは Marvel The Avengers
監  督:ジョス・ウィードン
日本公開:2012年8月14日(アメリカ製作)
上映時間:143分
キャスト:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、ジェレミー・レナー、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ ほか

(あらすじ)
シールドの基地に突然アスガルドを追放されたロキが現れ、無限のパワーを持つという四次元キューブを奪い去る。世界滅亡の危機が迫る中、長官ニック・フューリーはヒーローたちを集め、“アベンジャーズ”を結成、ロキと戦う決断をする。永い眠りから覚めた“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャース、“アイアンマン”ことトニー・スターク、怒るとハルクに変身するバナー博士、雷神ソーたちが集まった。(goo映画より)



1.jpg


やっと見てきました…去年から楽しみで仕方なかったマーヴェルの人気ヒーローが集まった「アベンジャーズ」!
終始興奮しながら今回3Dで鑑賞しました。

序盤からわくわくさせる展開で、後半からアクションに時間を取っていたこともありヒーローらしさを見せつけられました
しかしアクションが長かったこともあり目が疲れる!
この映画に限ったことでもないんですが、3D字幕は文字が浮いているように見えて目の疲労がすごいです。
映画は3Dになるということでこだわったのか、立体的で目の前に物が飛んで来たりと、3Dにするためにわざわざ延期された「ハリー・ポッターと死の秘宝Part2」よりは3Dで見てよかったかなと思います。

あとヒーローたちのさまざまな筋肉を見る機会が劇中で多かったので女性にもおすすめ。素晴らしい筋肉


追記で感想

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

2.jpg

個人の能力は抜群に高いヒーローたちですが、自我が強いのか衝突することが多く、口げんかのシーンを鑑賞した方たちはたぶん「これでヒーロー?」と思ったはず…
キャップ(スティーブ)は本当根っからのアメリカンチックな性格で、外見からしてもチームワーク重視のアメフト選手のようにしか見えなくて…仲間意識が強いのか、わが道をゆくトニーとは気が合わないというシーンは見ていても無駄な喧嘩をしているなぁと割とほほえましかったです。
しかし一人ひとりの個性が目立ってる凸凹したヒーローたちで、最終的には個人の能力も必要だったものの、やっぱり相互の協力がなければヒーローとして活躍していくのは困難だったんですね
コールソン自身も自分の死によって一つになってほしい望みがかなえられてよかった…まさか死ぬとは思ってなかったのでかなりびっくりしました。今まで「アベンジャーズ」のヒーローたちが主役である各々の映画にちょくちょく出ていたコールソンは、脇役でもすごく重要な役割であったと考えていたので…


4.jpg

それからソーとハルクの力自慢の戦い、とても好きです!
やはり神のハンマーはあのハルクでも持ち上げることができないんだな~と。破壊に破壊を繰り返した結果、空飛ぶ研究基地から落ちてやっと目覚められました。カッコいいのかカッコ悪いのかよくわからない。
後半、ロキと協力して地球侵略をしに来た宇宙人チタウリたちとの個人戦が多かったんですが、大切なところでは協調して戦う場面があったりして、自分たちの能力を理解し合えていたシーンだと思います。
此処でのハルクの一言がかっこよかった覚えが…ソーと戦った時のハルクの破壊の仕方は冷や冷やしてたんですが、チタウリを殴り飛ばすハルクを見ているとスッキリする。何故かハルクを見て自分のストレスも発散してました。


7.jpg

8.jpg

中でもナターシャとホークアイの関係が大好きです。
もう相性がいいというか…言わなくてもわかりあってる関係に興奮しました…二人でチタウリを攻撃するアクションが素晴らしい!ホークアイの弓使いもナターシャの体の動きも華麗だった。

そんなホークアイは序盤、ソーの弟ロキに心を奪われてしまいますが(こんな書き方すると恋したみたい)、その心を取って奴隷的なものにしてしまうロキの最強の杖もトニーの最新兵器には勝てなかったみたいで、その時の会話が「不能になってしまう男もたくさんいる。5人に1人の割合で…」。それから地球への挨拶にロキがパーティー会場を荒らしますが、キャップとアイアンマンに仕留められたときにトニーが「トナカイ野郎」と言っていた所。笑いました。
トニーの言い回しはやっぱり面白いです。本人はいたってまじめに皮肉っているのに笑える。


5.jpg

3.jpg

ロキは不運の悪役で、見ていてかわいそうな部分もあります。
「マイティ・ソー」なんて盛大な兄弟喧嘩の延長みたいなもので、今回それが地球を巻き込んでしまったような感じにもとらえられますが、チタウリの恐怖にロキ自身も少し慄いていたりして根っからの悪としては描かれていないようにも思えました。
しかしソーとロキは何故か今作で髪の毛が伸びていて何の意味があるのか…ロキが前回より顔色が悪くてげっそりした化粧もしていて、神というより吸血鬼のような印象
静かにねっとりと侵していく頭脳派のようにも見えますが、大事なところで抜けているし、ハルクに「神に逆らうな、下種な生き物!」なんて大口をたたくものの力では兄にもハルクにもトニーにもキャップにもかなわない…今作もアベンジャーズの引き立て役にしかならなかったので見せ所をもっと作ってほしかったなと感じます。



それから…マーヴェルの映画はエンドロール後もちゃんと見てください!
なぜエンドロールで帰ってしまうのか!?私は毎度不思議でならないんですが、マーヴェルは大体エンドロール後もオマケがついてます。そして今回「アベンジャーズ」にもついていました。さらにいろいろと面白いこともありました。
「明日は休みだな。美味しいお店があるからみんなで食べに行こう」と命がけで核を宇宙へお土産にしに行ったトニーが言っていましたが、果たしてその「美味しい店」で食べていたのか…あのズタボロの格好で、破壊されまくった店内で、無言でジャンクフードを食べるアベンジャーズのヒーロー…(ソーの無表情でハンバーガーを食べるシーンは哀愁が漂いすぎてて笑いました)(ホークアイは表情が見えなくてうなだれていたので寝ながら食べているのかと思いきや本を読んでた)
エンドロール見ない人でもちゃんと見てほしい…もったいない!
今回エンドロール前で帰っちゃった方は次回作「アベンジャーズ2」では必ず最後まで見て帰ってください!!
それにしても白スーツでオープンカーに乗るトニーはすごくキザだった……


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
-3 Comments
By うみどらねこ09 18, 2012 - URLedit ]

お久しぶりです!
私もアベンジャーズみにいきました!
ヒーロー大集合、ほんとに楽しかったです。素晴らしい筋肉、同意です。笑いました(笑

ナターシャとホークアイの二人よかったですよね~
ナターシャは終始デキル女としてかっこよく描かれていたし
ホークアイがすぐ近く敵を打ち抜くところなんか最高にかっこよかったです。

エンドロール後まで残ってて初めて得した気になりました。最近エンドロール後残ってて何かあった映画見てなかったので・・・
ていうか次回作、あるんですか!?絶対見に行きます!

とりとめなくなってしまいましたが、ではまた。

By 管理人09 22, 2012 - URL [ edit ]

◆うみどらねこ様

お久しぶりです!コメントありがとうございます^^
終始俳優陣の肉体美にはうっとり見ていたところでした…ナターシャのスカーレット・ヨハンソンの綺麗な身体も素敵でした笑
原作はよくわからないのですが、ヒーローたちの活躍はひとりひとり長所短所が描かれていて面白かったですね~
アベンジャーズ2はたぶんあると思います!雑誌かネットのどこかで見た気がするのですが(情報源ははっきりせず…笑)
最近ブログのほうにも訪問できず申し訳ありません…時間があるときにもうみどらねこ様のブログのほうも拝見させてください

By 11 29, 2012 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-2 Trackbacks
まっとめBLOG速報10 26, 2012

原  題:Marvel's The Avengers もしくは Marvel The Avengers 監  督:ジョス・ウィードン 日本公開

まっとめBLOG速報10 26, 2012

原  題:Marvel's The Avengers もしくは Marvel The Avengers 監  督:ジョス・ウィードン 日本公開

Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。