スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマゲドン

08 03, 2011

日本公開:1998年12月12日
上映時間:150分
あらすじ:1998年、宇宙空間で人工衛星を修理中のスペースシャトルが爆発する。調査の結果流星雨の直撃が原因であった。この流星雨は地球の大気圏を突破してニューヨークやパリなど世界各地に降り注ぎ、壊滅的打撃を与えた。さらなる調査によって、テキサス州の大きさにも匹敵する小惑星の地球への接近に伴うものと判明する。この小惑星は地球への直撃コースを取り、衝突まで18日しかない。
NASAが立案した衝突を回避する唯一の手段は、小惑星の深部まで穴を掘り、内部で核爆弾を爆発させて軌道を変えるというものだった。この作戦を遂行するために「穴堀りのプロ」石油採掘のスペシャリスト達が召集され、新型スペースシャトルに乗り地球に向かってくる小惑星への着陸を試みる。(Wikipediaより)



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村


2時間30分もあったので、発見→仲間探し→訓練→出発←ここでやっと半分…正直見てるには長かったと思います。
「親子愛」とかもストーリーに入れこまれてたのはどっちでもよかったんですが、グレースとAJの愛の物語は正直いらない!!まあ「帰る目的」が必要だったから入れたのかもしれないけど、特に感動するわけでもないし…(__)
アメリカでは低評価だったので、B級映画かと思ってたらちゃんとお金かけてあるしそうでもなかった。いや、現実味がないのはわかるけど…映画だからいいじゃん。
どこあたりでアメリカ人が「現実味無いわ~」とか思ったのかは知りませんが、全体的に問題ありすぎでしょ!「死ぬ~!!」「爆発する~!!」「墜落する~!!」ばっかり。それでいいのかNASAよ…(-.-)
まずなぜ彼らを採用した…仲間割れするわ、よく機械を理解していないわで…
そして墜落したはずの彼らは「生きてるんか~い!」と突っ込みどころ満載。ひとつ解決したらまた新しい問題が。
もう宇宙とかそういうの関係ない……なんかAJがいちいち物語上で足をひっぱってる気が…
本気に見せて実は笑いどころ満載でした。個人的にはそんな感じで楽しめました(笑)


でもたぶんロナルド・クインシー博士役のジェイソン・アイザックスが出てなかったら見てなかったと思う。


13年前だからか、髪の毛をあきらめてなかったブルース・ウィリス……


個性俳優スティーヴ・ブシェミにも注目してました。女好きの役でした。


trailer


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。