スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼の死刑宣告

04 14, 2012
MV5BMTM1NDQzMDg1Ml5BMl5BanBnXkFtZTcwNzQ0OTk0MQ@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_


原  題:Death Sentence
監  督:ジェームズ・ワン
日本公開:2009年10月10日(アメリカ製作)
キャスト:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン、ジョーダン・ギャレット、ギャレット・ヘドランド ほか

(あらすじ)
投資企業で働いている主人公のニックは、ある日長男をギャングによって殺害されてしまう。それまで幸せだった家庭をギャングによって壊された怒りは裁判によっても癒されることはなく、彼らの罪はニックの思っていたよりもはるかに軽いものであった。ニックは息子を奪ったギャングに復讐しようと誓い、息子を殺害した犯人を一人殺害してしまう。しかし、ギャングたちの探査は素早く、はやくもニックが殺害したと発覚されてしまう。ニックは警察に頼るものの、家族を守ることしか約束されず、彼はギャングを戦うことを決意する。



image123.jpg

ガンアクションが見どころの映画です。
ギャングによって幸せな家庭を一気に壊された父親が復讐をするというストーリーなんですが、ケヴィン・ベーコンの目の表情が後半からぎらぎらなってかっこよかったです。
ですが、話の進め方が少しおかしかったです。 (家族を守ろうとするものの、ギャングがいつ襲ってくるかわからない状況で家族を家に残したまま会社出勤するあたりなど)
主人公ニックの効率の悪さが若干イライラします。
そのあたりは、ギャングなどの裏社会とはまったく関係の無いところで生きていたので戸惑うのも分かりますし、ニックがかっこよくギャングを倒すことを前提に作られたような作品だったので、その過程を上手く作るのは難しいと感じました。
まっすぐな父親の家族思いな感情は伝わってきましたし、銃などに詳しい人は楽しめるのではないかなと思います。


image124.jpg

劇中の警察が頼りになりません。本当に。
ニックが裁判の実刑に納得できず、ギャングを一人殺害してしまい、ギャングの怒りを買います。
「自分はどうなってもいいから家族は守ってくれ」といい、やっとのことで警察を頼るわけですが(一人で解決できると思っていたニックもどうかと思いますが、息子を奪われた怒りから後先考えられなかったと思って納得)、結局警察の力では家族は守れず、ニックはすべてを奪われてしまいます。
もちろんニックの考えが少し浅はかだったとは思いますが、ギャングは野放しにしておきながらもニックの罪を問いただすという、何故かそういうところだけはきっちりしている警察には納得できませんでした。

ギャングが度胸試しで殺害して懲役が数年って…本当に怖い社会だなと感じました。

あと銃を売ってくれたおじさんが「クズを全部殺せ」とカッコいいこと言ってますけど、「あんたがそのクズ育てたんじゃないの?」と思いました。人に殺させるくらいなら、自分の息子はまっとうな息子に育てろと。なに人を使って殺させてんだと。


ケヴィン・ベーコンって世界の悲しさ全部を背負った表情をするのがとても上手でこっちまで悲しくなってくるんですが、序盤で家族と楽しげに過ごしている笑顔をみてこんな顔もできるんだ!と初めて発見した感覚になりました。笑顔もいいですね


監督のジェームズ・ワンは、「ソウ」や「デッド・サイレンス」、「インシディアス」などのホラー系で活躍しているらしいです。
映像の映し方に臨場感があるのでストーリーはともかく、アクションや逃走映画などこれから作っていってほしいと思ってます



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト
-2 Comments
By しげちゃん04 30, 2012 - URL [ edit ]

やみこさん

しばらく更新がないけど、どうされましたか。
学生生活で忙しいのであればいいのですが、
体調を崩しているのではないですよね。
季節の変わり目・・何かと頑張ってくださいね。

By 管理人05 05, 2012 - URL [ edit ]

◆しげちゃん 様

コメントありがとうございます^^
最近ちょっと忙しくてDVD映画をも見ることもままならない状態でして…
大学生活に慣れ始めたらまたゆっくりとブログを更新する予定です
こんなブログでもしげちゃん様のような方が見に来てくださっていると思うと、とても励みになります…!
ありがとうございます(>_<

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。