スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレックス・ライダー

04 11, 2012
MV5BMTkzNDIxNzc4NF5BMl5BanBnXkFtZTcwNjE4MjczMQ@@__V1__SY317_CR1,0,214,317_

原  題:Stormbreaker
監  督:ジェフリー・サックス
日本公開:2007年10月27日(アメリカ、ドイツ、イギリス製作)
上映時間:94分
キャスト:アレックス・ぺティファー、ミッキー・ローク、ダミアン・ルイス、ビル・ナイ、アリシア・シルヴァーストーン、ユアン・マクレガー ほか

(あらすじ)
アレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)は、銀行員の叔父イアン・ライダー(ユアン・マクレガー)と暮らすごく普通の少年だった。ある日、イアンは、不慮の事故でこの世を去る。だが、アレックスは、イアンの事故死が、偶然ではないと考える。アレックスは、イアンの本当の正体が、英国諜報員であることを突き止め、これまで叔父と共に行ってきた趣味の射撃や空手、スカイ・ダイビング、スキューバ・ダイビングなどの全てがスパイに必要な訓練であったことを悟る。既にスパイとして充分な実力を備えていたアレックスは、MI6にスカウトされ、任務につく。(キネマ旬報映画一部より)



image117_20120411123854.jpg

話は特になんの変化もなく、王道なスパイ映画でちょこっと恋愛も入ってる普通の映画でした。
初見はアクションがいろいろとあるので面白みがあってわくわくしますが、何度も繰り返して鑑賞するような映画ではないなと感じます。
とりあえず、アレックス・ぺティファーが好きな人のための映画です。
アレックス・ぺティファーがカッコよくアクションをこなし、スパイになって世界平和のために悪をやっつける!という、アレックスファンにはとっても良い映画です。
ストーリー自体は評価するところは特に無いんですが、やっぱり16歳のアレックスがとってもイケメンで、話は特に興味無くともファンなら楽しめるとおもいます。
大したネタバレもないので、途中で寝ちゃっても、アレックスに見とれすぎて話が頭に入らなかった人でも、みんなわかります。


image115_20120411123856.jpg

キャストから見て分かるように、アレックスが所属しているスパイMI6の敵はミッキー・ロークです。
自らイギリス中の学校に寄付と称してパソコンウィルスを送り込み、子どもたちを感染させようとしようとしますが、実は昔外国人だからといじめられていたことを根に持っており、イギリス人の子ども全員を始末しようと、学校に病原菌を送り込もうと思っていたわけです。
その為、ディズニーのような子ども映画なのかなと思いました。



「ガッコ、ドゥダッタ?」→「ドシテ、ニホンゴナノ?」→「コンバン、スシナノー」→ふぐの刺身どーーーん
アレックスと家政婦のジャックのカタコト日本語がこの映画で聞けます。変な日本が度々入っていたんですがなかなか面白かったです。




追記でアレックス・ぺティファーの画像

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
髪はたぶんダークブロンドだと思うんですが、光の加減によって迷彩のようになってて綺麗です。こういう髪の色ってカモフラージュっていうんですっけ…

image108_20120411123703.jpg

image107_20120411123705.jpg

image106_20120411123706.jpg

image105_20120411123707.jpg

image104_20120411123708.jpg

image114_20120411123756.jpg

image113_20120411123757.jpg

image112_20120411123758.jpg

image111_20120411123759.jpg

image110_20120411123800.jpg

image109_20120411123801.jpg

image120.jpg

image119.jpg

image118.jpg

image116_20120411123855.jpg

image122.jpg

image121.jpg





にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。