スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシディアス

04 02, 2012
MV5BMTYyOTAxMDA0OF5BMl5BanBnXkFtZTcwNzgwNTc1NA@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_


原  題:Insidious
監  督:ジェームズ・ワン
日本公開:2011年8月27日(アメリカ・カナダ製作)
上映時間:103分
キャスト:パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、タイ・シンプキンス、バーバラ・ハーシー ほか

(あらすじ)
3人の子供を連れて新居に引っ越してきたルネ(ローズ・バーン)と夫のジョシュ(パトリック・ウィルソン)。ところが、引っ越して間もなく、おかしな現象が起こり始める。屋根裏から聞こえる不審な音、いつの間にか物の配置が変わる、赤ちゃん用のモニターから聞こえる謎の声。そんな時、小学生の息子ダルトン(タイ・シンプキンス)が梯子から落ちて昏睡状態に陥ってしまう。一家はすぐにこの家から引っ越すが、既に目に見えない“何か”がジョシュたち家族を狙っていた……。(キネマ旬報より)



image113.jpg

映画スリーデイズで主人公夫婦の息子ルークを演じていたタイ・シンプキンスくんが出演しているホラー映画だと聞いて借りました。
相変わらず可愛いです………
今回、意識不明の植物状態となってしまう息子ダルトンの役ですが、後半で重要な役割を成します


なんか「ソウ1」をつくった監督らしいです。
よくしらないのでまあどうでもいいんですが、「パラノーマル・アクティビティ」の雰囲気に似てた。…と思ったら製作がこの作品の人だった。(パラノーマル・アクティビティはとてもつまらなかった)


image114.jpg

幽霊にとりつかれている家族の話なんですが、ありがちな展開だと何となく見てました(あとパラノーマル・アクティビティの製作者だとは知らなかったので、「パラノーマル・アクティビティのパクリだろこれw」とか思ってましたすみません)
後半から普通の洋ホラーとはちょっと違って面白く見れました。後半からなぜ面白くなったのかは↑のオタクな二人が出てきたからです。
吃驚系ホラーなので対してお化けやらは怖くないんですが、何故かスティーブン・キング原作の「シャイニング」を思い出しました。

家族は5人、長男のダルトンが突然眠ったままの状態になってしまいました。
家に現れる幽霊の数々に1度引っ越しをした家族でしたが、それでもなお家には幽霊が現れます。
それが夫ジョシュの家系に関係があることが分かります。
ジョシュの母親はジョシュが子どものころ、ダルトンと同じ植物状態になったと話し始め、それが血筋で遺伝している事実を知ります。
ダルトンは幽体離脱をし、夢の奥世界へと入り「あちらの世界」へと行ってしまい、悪魔に現実へと帰れなくされてしまいました。
これはジョシュが子どもの頃にも同じ体験をしていたそうですが、記憶がなくなっていたことが気になりました。なんででしょう



image111.jpg

ジョッ…ジョニー・デップ……!?
出てくる幽霊の男がジョニーデップに見えた





追記でネタバレ・感想

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
image112.jpg

写真を写すと現れる幽霊や、写真を写すたびにジョシュへ近付く老婆…
ジョシュはいったんとりつかれてから写真を無意識に嫌います。
写真を撮るたびに近づいてくる幽霊、完全に老婆から逃れられたかと思ったはずでしたが、エリーゼが写真をもう一度とると、老婆がジョシュの中へと入り込み、ジョシュの身体は乗っ取られてしまいました
完全に終わったわけではなかったようです。

そして、一度「あちらの世界」から戻ったと安心しているダルトンたちですが、ダルトンが大人になり、家族を持った時にはダルトンの子どももきっと「あちらの世界」へと入り込み、次はエリーゼの子どもが悪魔払いとなりダルトン家へと現れるのでしょう。

抜け出せない無限ループだと思います。


いったんホッとしたのにまたどん底へ落とすなんてすごく理不尽な展開だった……
しかもジョシュはもう人間として生きていられないだろうし、ジョシュのお父さんもきっと同じことがあっていなくなってしまったのかなと想像してしまって悲しくなりました。
そうすると将来ダルトンも……


とりあえずほぼ眠ってばっかりでしたが、タイ・シンプキンスくんの最新の映画が見れて良かったです(*^^*)
また新しい出演作を待ってます…




にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。