スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ウォーカー

03 26, 2012
MV5BMTgwNTY1MjIzMF5BMl5BanBnXkFtZTcwMjE3NTUwMw@@__V1__SY317_CR1,0,214,317_


原  題:The Book of Eli
監  督:アルバート&アレン・ヒューズ
日本公開:2010年6月19日(アメリカ製作)
上映時間:118分
キャスト:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーブンソン、ジェニファー・ビールズ ほか

(あらすじ)
その本の価値と意味を知るのはこの世でただ二人。一人はそれを 守り、届け、伝えるために旅をする。一人はそれを探し、奪い、世界を支配することを企てる。
運命によって引き寄せられた二人が世界を揺るがす一冊の本を巡り、壮絶な死闘を繰り広げる。
世界最大の武器となりうるその本には何が記されているのか?そして、本を手にし、開いたものを待ちうける驚愕の真実とは?



image100.jpg

オールドマンさんが久しぶりに悪役として出演していると聞いて、3枚で3000円DVDで購入してみてみました。
相変わらずかっこよかったです。
でもなんというかキレがないっていうか…アクションを求めてたわけではないんですが、特に悪い思惑もなく武力行使な悪役でした。もうオジサンだし、もっと頭脳を使ってくる悪役だと期待していたのですが。

全体的に色味が茶色で映画は退廃的なものを連想させます。
緑がないのにみんな畑仕事しなくていいのだろうかと思ってました。


image105.jpg

この映画、最後にとんでもないことが起こるし、一言でネタバレを言えちゃうので今から見ようと思っている人はネットで探さない方がいいです。ほんとに。グーグルの予測結果にもネタバレ入ってます。


内容は大戦後の世紀末です。
が一番重要なキーワードになっていて、それを主人公の旅人イーライと、イーライが赴いた旅先の町の支配者カーネギーが奪い合うわけです。
戦争後、本はすべて焼き払われ、残っている本はとてもわずか。
カーネギーが求めている本はただ一つ。
イーライがその本の所有者だということを知り、なんとかして奪おうとします。
カーネギーに権力を掌握されている街の住人、ソラーラは戦争を知らず、本や文字という存在を理解できていません。だからこそ、興味を持ち、イーライの旅に強引についていきます。

イーライ、強すぎ。
かっこいい。
銃とか百発百中、弓矢の命中率100%
その強さにも理由があるわけです。


追記でネタバレ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
主人公のイーライ、実は盲目です。

砂漠化が進んでいる地球で砂埃が目に入らなように、ほとんどみんな常時サングラスをかけていたのでまったく気付きませんでした。
劇中でも音に敏感で音を楽しむことをたくさんしていたので、あとから納得。
イーライが強いのは音だけの世界で生きた結果、目を頼りにしている人間より優れた能力を持てたわけです。

そして、本の内容は聖書です。
聖書と言ってもイーライは目が見えないので点字です。
せっかく奪ったカーネギーもこれじゃあ読めません。
その上、イーライは全部を暗記しており、「聖書」を必要とした目的の場所へと、口頭で伝えて受け継がせます。


オールドマン…彼は爆死が多いので今回も戦車が爆発したからそれにつられて死んじゃうのかと思ってましたが、死なず終わった。
権力を掌握していましたが、部下が次々に死に、最後で追いつめられて終わります。


最後、ソラーラが旅を受け継ぎ、次の「本」のあるべき場所を探す旅に出かけます。



image101.jpg

image102.jpg

image103.jpg

image104_20120326020648.jpg

怒り方だけは昔と変わってなくて素敵です。



Eli_Zozo_DW_GO9-_mar09.jpg

オールドマンさん、とってもスタイル良くてかっこいいです。
全身黒ずくめでロングコートを着こなして足長いし。



6717301031_5928a75677_b.jpg

あと映画まったく関係ないですけど、プラダのコレクション出てたときのオールドマンさんかっこよすぎ。
待ち受けでした
歳の割にほっそりしてて若くて素晴らしいです
かっこいいです。



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。