スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光る眼

02 27, 2012
MV5BMTY4ODY4NDczNV5BMl5BanBnXkFtZTcwNDY1NzMyMQ@@__V1__SY317_CR5,0,214,317_


原  題:Village of the Damned
監  督:ジョン・カーペンター
製  作:1995年(アメリカ製作)
上映時間:98分
キャスト:クリストファー・リーブ、カースティ・アレイ、リンダ・コズラウスキー、トーマス・デッカー ほか

(あらすじ)
カリフォルニア州の海沿いにある村・ミッドウィッチ。ある日、街中の人間全員が午前10時に気を失い、6時間後に目を覚ますと、街の女性全員が妊娠するという奇妙な事件が起こる。その女性たちから生まれた男女同数の子どもたちは、成長すると不気味な光る眼で大人たちの精神を操り、邪魔する者たちを容赦なく排除していく。
医師チャッフェは、子供たちとの間の壁を崩そうと努力するが、妻を「我が娘」マーラに操られ自殺させられ、それでもなおマーラが自分を親の愛に漬け込んで利用しているのを知り苦悩する。一方、「連れ合い」を生体解剖されて一人になってしまった少年デビッドは、仲間とは異なり人間の情に目覚め、マーラたちから白眼視される。
ある晩、ついに村人たちは暴動を起こすが、子供たちに容赦なく鎮圧される。その時チャッフェは、彼らの真の正体を突き止め、彼らの陰謀を阻止しようと最後の対決に臨む。壁を崩そうとしてきた彼が、心を読まれないよう固い『壁』を思い描いて…。(Wikipediaより)


image13_20120227002320.jpg

ホワイトブロンドの子どもが可愛かったのでついつい借りてしまったわけなんですが、鑑賞した方々ではB級と位置付けられている映画でした。ですからまあ相応なストーリーや低予算具合が分かります。
1960年の「未知空間の恐怖 光る眼」のリメイク版です。
なぜリメイクしたってくらい酷評を受けてます。

ストーリーは感情のない子どもたちが、自分らの住む世界から邪魔な人間を排除してやるー!っていう感じですすんでいきます。
それを食い止めてくれたのが、主人公のおじさん。
前半から後半まで、ぜんぶグダグダっとしてます。盛り上がりもせず盛り下がりもせず、子どもたちがやりたい放題やって、最後爆発させられちゃう映画です。
しかも、ちょっと子どもたちに小言を言っただけでも、光る眼で殺されちゃうのでなんかかわいそう。
台詞の言い方なんかが無機質で子どもらしくなくてまったく可愛げないんですが、顔はみんなかわいらしかった。


image16_20120227002319.jpg

そんな中で、ひとり感情の芽生えはじめた光る眼を持つ子ども、デビッド。
まつげの長さと困り眉毛がかわいい。
この子だけが感情を持ち始めたので最後はこの子だけ救って、あとは爆破!

この子役の子はトーマス・デッカー(1987年生まれの今年25歳)くん。
ミュージシャンを中心に今は活躍中ですが、最近では「私の中のあなた」(2009)「エルム街の悪夢」(2010)に出演しているそうで、役者を続けているそうです。

Thomas Dekker2 Thomas Dekker

こんなイケメンに育ってました。
30 seconds to marsのボーカル、ジャレッド・レトーっぽい。


75.jpg

先祖のチープ臭さはんぱねえ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。