スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

12 26, 2011

原  題:Lock, Stock and Two Smoking Barrels
監  督:ガイ・リッチー
日本公開:1999年8月7日(イギリス制作)
上映時間:107分
キャスト:ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャー、ヴィニー・ジョーンズ
あらすじ:トランプには強いエディは仲間の3人と一緒に10万ポンドを用意し、ポルノ店を営んでいる「手斧のハリー」へとトランプで賭けを挑む。だが、ハリーの手下とのインチキにより、まんまと10万ポンドと賭け時に負わされた借金(あわせて50万ポンド)を背負ってしまう。「1週間以内に借金を返さなければ指を切り落とし、父のバーも取る」と脅され、絶望する四人であったが、隣人の大麻売人襲撃の計画を聞き、それを利用し金を奪おうと思いつく。



ガイ・リッチー監督作品でも一番好きな映画です!
クラシックな雰囲気が漂う中で、ハードボイルドさがありつつ、でもとてもユニークでポップな映画です。
絡み合うストーリーで悪運を持っている4人の構成にも注目ですが、なんたって「パルプ・フィクション」のように会話がとってもおもしろいです。この作品では長々と話すわけではなく、ちょっとした4人の皮肉やポロっと出た一言が笑わさせてくれます。

この作品でエディを演じたニック・モランはこれ以後注目されてドラマや映画などに出演しているようですが、日本で公開されているものは数少なく、見つけるのも大変でした。(このほかの作品で有名なのはハリーポッターと死の秘宝でスカビオール役あたりだと思います)
この「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(98)」時は29歳で、「ハリーポッターと死の秘宝パート1、2(2010、2011)」では42歳…ヴィジュアル系のような目の周り真っ黒な汚い化粧でしたので見た当初は誰だか理解できていませんでした。ハリーポッターと死の秘宝パート1のブルーレイディスク特典のなかでは彼が解説してくれる特典がありましたが、29歳当時とまったく変わらなくてとても驚きました。映画自体には映像処理などにより時代を感じますが、ニック本人にはまったく時代を感じなくいつまでも若々しい人だなと思います。
いやいや、見ていたらこの4人みんな若々しい…



ジャズのような低音の利いたサウンドトラックも素敵です
「Walk this land」





追記でネタバレ・感想です。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
4人が結局最後に手に入れられたのは、最初は嫌嫌で使っていた銃です。終わり方は「捨ててこい!!!」と言われたトムがしょんぼーりしながら銃を川へ捨てようとしたとき、その銃が何十万もする高級なものだと知り、トム以外の3人は必至でトムへ電話をかけ「捨てるな!!!」と言おうとするシーンです。
まあ、その銃が捨てられても捨てられていなくてお金になっても、この4人の楽しそうな話に変えてくれるなら私はなんでもいいなと思いました。




上手く隣人の麻薬・金強盗計画を横取りできた4人
ハチェット・ハリーへの借金返済のためにトムが提案した「カマホリモーホーファンクラブ」とかいうのもなかなか悪質で良い金もうけができそうです。



それにこんな楽しそうな会話をしている間、



これもまた上手く隣人と麻薬仲介人の頭が銃撃戦






ガイ・リッチー作品ではほぼ必ず出てくるスローモーションなアクションもかっこいいです!
特に毎日サイケデリックを見ているような脳内花畑のお姉さんがブレンガンを連射するところ!!
それをぎりぎりのところでかわす反社会的隣人たちもかっこいいです!!




隣人を脅すための銃を手に入れようとしましたが、この骨董品のようなこのライフル銃をトムが気に入ったことにより後々大騒動へ。



やっぱり一番得してるのはビック・クリスだと思うんですよね。
息子への教育が熱心なのはいいんですが、この世界にいる限り汚い言葉を教えない(使わせない)ことや正しい教育などはできないと思います……
ビック・クリスを演じたヴィニー・ジョーンズは「The Midnight Meat Train」でシリアルキラーを演じてます。



!!!!!

この後きちんと電話繋がったんでしょうか。
何十万もする二丁の銃は無事だったのか気になります…



↓どのシーンもクラシカルな色彩でまさしく「映画のワンシーン」の素敵なものばかりですが、この4人が集まっているシーンが特に好きです↓
映し方というか構図というか、私はよく知らないんですが立ち位置や顔の表情などが見ていて飽きません







個人的に大好きなシーン

Nick「Here's a ton」
Eddie,Tom「Jesus Christ!」



ベーコン「これは?」
パブの主人「カクテルだ。オーダーしたろ」
ベーコン「してねぇ。なんか景気のつくような飲み物出してくれって言ったんだ。だれがこんなジャングル出せって言った。オランウータンとデートしろって言うのか」

ベーコン「悪いけどなぁ、テレビの音下げてくれねえか」
ローリー「………………………………………………嫌だ」



ソープ「それからナイフを使うのも悪くない。でかくてよく研いだやつ。わにの皮もはがせるナイフを。ナイフはいいぞ。静かな武器ほど使おうって気になる。切り刻んでやろうぜ」
トム「ソープ…なにかあったんじゃねえか」
ベーコン「仕事よりお前のことが心配になってきたぜ…」



エディ「俺が紅茶なしで戦争すると思ったら間違いだぞ」
ベーコン「何が戦争だ。銃を持ってくるの忘れただろボケ」



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-1 Comments
By 12 04, 2013 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。