スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクワーム

12 24, 2011
8月からの更新が途絶えておりました。
今年の終わりにやっと新しく更新できました…ただたんに見た映画を私が自分の偏った解釈だけで付けている日記みたいなもんですが、大学推薦入試などがあり忙しく更新できていませんでした。
ヤフー映画では見た映画・見たい映画はきっちりと更新していたんですが、こっちのブログはなかなかつけられず…
まあどの道ブログタイトルは変わらないままになりそうなのでよかったです^^

クリスマス前に「ラブアクチュアリー」など見ましたが今回はただのミミズ映画「スクワームを見ました。





原  題:Squirm
監  督:ジェフ・リーバーマン
日本公開:1976年7月30日(アメリカ制作)
上映時間:92分
キャスト:ドン・スカーディノ、パトリシア・ピアシー、ジーン・サリヴァン、R・A・ダウ
あらすじ:ジェリー・サンダース(パトリシア・ピアシー)は父を亡くし、母のナオミと妹アルマの3人暮らしである。1975年夏、彼女の住むジョージア州の大西洋岸にある田舎町フライクリークを襲った嵐は高圧線を切断し、30万ボルトの電流が地下に流れた。ジェリーは恋人ミック(ドン・スカーディノ)を迎えに行くにあたり、嵐で荒れた道を通るために隣家のミミズ養殖業者の息子ロジャー(R・A・ダウ)に作業用トラックを借りるが、彼女に恋慕していたロジャーは内心穏やかでない。ミックはジェリーの家に行く途中、町の喫茶店で飲み物を注文したが、その中に1匹のミミズ(ゴカイ。以後、原作に従いミミズで統一)が入っていた。居合わせた保安官や町の人々の、よそ者への冷たい視線にミックは辟易するが、それが恐怖の始まりだった。
Wikipedia一部抜粋参照)



なかなか気持ち悪かったです^^^うげェ




YOUTUBEから予告を見ようかな~と思っていたら本編がアップされていたので、なんとなく見ていたら最後まで鑑賞していました

※ミミズやらうじゃうじゃ系がが本当に苦手な人は検索もしない方がいいです

追記もネタバレ・ミミズ大量発生中です


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
調べてみたところ、公開当時は「あまりの気持ち悪さに観客の失神した数が異常」と書かれてあった。
これを大画面スクリーンで見るとなると……そりゃあ失神するよ


原爆が落ちたあと、放射能の影響でミミズとかそういう生き物がものすごく肥えてパイプ官並みの太さになったっていう話を聞いた時はさすがにギョッとしたんですが、ミミズって生命力強いのね。


本編では「ゴカイ」とかいうらしい。
顔のアップをずっと見てたら可愛く思える不思議。なかなかいい顔してる!ゴカイさん!
最初はムカデっぽいな~とか思っていたら、あれは毛らしい。毛が体の周りにフサフサ生えているらしい。


フェノミナウジ虫風呂とかクリープショーゴキまみれよりも気持ち悪かったです。

ミミズ……もう無理……もうおなかいっぱいです(´△`)ってなるくらいミミズさん大量発生。

後半から気持ち悪さが頂点で、たぶん1分間に1万匹のミミズさんが出演されていたと思う
ハーーーヤバい



もうミミズしかいない




ただのミミズの世界





ミミズ。ただミミズ。





もう話の内容なんかどうでもいい。キャラクターなんて知るか。ただいつミミズが出てくるかということにおびえたり、わくわくしたり、どうやって襲ってくるのか期待したり。



↓あと気になった。ウィキペディアのあらすじ欄。↓

>湖で釣りをしていたロジャーは、ここぞとばかりジェリーに恋を打ち明け、強引に抱き寄せようとして彼女に突き飛ばされる。そして、なぜか凶暴化していた餌箱のミミズの群れに顔を突っ込んだ。

なんでだよwwwwwwwwwwwwwwwww
ロジャーどうしたんだよwwwwwwwwwwww
(ロジャーが誰かすらもわからないミミズの存在感)

↓たぶんこいつがロジャー(顔を突っ込んだから顔の下にミミズが這ってる)ちょっとかわいそう↓







シャワーからぽとぽととミミズ



ドアを開けたら100万匹くらいのミミズがドサーーーッと流れ出るミミズ(左半分ほぼミミズ)(でも動いていないから偽物)


ロジャーみたいに体内にミミズ入るのも嫌だなあ……
何故かドアを開けたら大量のミミズがブワーーッはトトロのさつきとメイが初めて台所を開けてまっくろくろすけがブワーーッとなるところが思い出された

途中からもののけ姫の祟り神とかナポリタンの具なしパスタに見えて助かった。食えそう。でも晩御飯がパスタじゃなくてよかった。

これから本物のミミズは見たくない。夏に干からびて車にひかれちゃったミミズを見るだけで十分。

途中から英語聞きとるのめんどくさくなってほっとて適当に見てたんだけどハッピーエンドみたいでよかった。
今度DVDも借りようかなと思ってるんですが、高画質でのミミズは耐えられるかどうか……

あのヌメヌメ光沢は忘れられません。
ただのミミズ映画でした。こんな手の込んだキモチワルイ映画にまた出会えるといいな。

ミミズと書きすぎてミミズという言葉がゲシュタルト崩壊中



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
-1 Comments
By 05 08, 2015 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。