スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノウイング

05 26, 2012
MV5BMTMyMjgyMDIyM15BMl5BanBnXkFtZTcwNjg3MjAyMg@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_

原  題:Knowing
監  督:アレックス・プロヤス
日本公開:2009年7月10日(アメリカ製作)
上映時間:121分
キャスト:ニコラス・ケイジ、チャンドラー・カンタベリー、ローズ・バーン、ララ・ロビンソン、ベン・メンデルソーン ほか

(あらすじ)
 MITの宇宙物理学者ジョンの息子ケイレブが通う小学校では、50年前に埋められたタイムカプセルを掘り起こす記念式典が執り行われた。そして当時の生徒たちが想像する未来図が在校生に配られ、ケイレブは数字だけが羅列された一枚の紙を持ち帰ってくる。それに興味を抱いたジョンは、数列に意味があるのではないかと調べ始める。すると、彼の妻が亡くなった2年前のホテル火災の日付や犠牲者数など、過去に起きた大惨事にまつわる数字と一致していることに気づく。さらにその紙には、未来の大惨事を思わせる数字も残っていた。そしてその予想通り、予言された大惨事が現実のものに。ジョンは、さらなる大惨事を食い止めるべく、残された数列の謎の解明を試みるのだったが…。<allcinemaより>



image07.jpg

ちょうど50年前、学校ではタイムカプセルが埋められ、ルシンダは謎の数字を未来へと向けました。
それは世紀末が訪れると告げた数字の暗号であると主人公ジョンは解きますが、誰も信じる者は居ません。ジョンは地球を救おうと試みますが、自然災害や大型事故に一人で対処できるはずもなく、世界が滅亡する時間は粛々と近づいて行きます。
同時期、息子のケイレブ、ルシンダの孫であるアビーに不審な男たちが近づいてきます。
地球の終わりとともに、彼らは新しく世界のどこかで人間が創造し、人間が住まうべきである星があるという目的をケイレブ、ルシンダに伝え、彼らとともにその星へと向かっていきます。ジョンは彼らに選ばれた者ではなかったので、地球の滅亡までに家族とともに時間をすごし、未来を違う星に居る息子へと託しました。

科学的に理解はしませんでしたが、太陽がくしゃみをするみたいに地球へ強い光を一時的に浴びせることで、地球が燃え尽きるらしいです。
ルシンダが未来へ送った数字がきっかけで、ジョンは様々な災害を予知している数字だと確信していますが、「●年●月●日 経緯○○」にあてはめただけというジョンの勝手な妄想であったとの意味にも取れます。偶然に偶然が重なった、ということも拭えないし、その時間に地球が滅亡していたとしてもジョンは結局なにもできず終いであったため、ジョンが主人公である必要性は感じられませんでした。

そして第二の地球へ運ばれたケイレブとルシンダが、イソギンチャクみたいなぬめぬめ動く草原を走り回るシーンで終わり…
どうしてこうなったとしか言いようがない結末で納得はできませんでした…
その上、「この二人しか第二の地球へは運びません」的な雰囲気が流れていたので、地球滅亡寸前に宇宙船が数十個飛び立っているところを見て吃驚しました。世界中の選ばれた子どもの描写も少しでいいから欲しかった。


image06.jpg

image05.jpg

コテコテのCGを使う映画は好きではないので、SF映画ときいて不安がありました…ええ、予想は当たりました…
見ようと思ったきっかけは、ニコラス・ケイジ演じる主人公ジョンの一人息子ケイレブの子役のチャンドラー・カンタベリーくんが可愛かったからなんですよね。(いつも通り)
リアリティあふれる要素を出したかったのかもしれませんが、やはりCGを使った飛行機墜落事故や電車事故の描写、世界が火の海に包まれるシーンには違和感を覚えました。それを抜いたら、中盤までのストーリー展開は引きこまれました。
サスペンス要素がからんでいたので、下手なCGの部分には目をつむっていましたが、後半の展開には思わず閉口してしまいました。

なんとも言えない、お金を大量にかけるものの、中身がすっからかんなハリウッド的ハリウッド映画と言える映画です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ

02 11, 2012


原  題:Nanny McPhee and the Big Bang
監  督:スザンナ・ホワイト
日本公開:2011年7月2日(イギリス、フランス、アメリカ製作)
上映時間:109分
キャスト:エマ・トンプソン、マギー・ジレンホール、マギー・スミス、リス・エヴァンス、レイフ・ファインズ、エイサ・バターフィールド ほか

(あらすじ)
 グリーン家は田舎の農場の家で暮らしていた。母親のイザベル(マギー・ジレンホール)は、戦争中である陸軍の夫ローリー(ユアン・マクレガー)の帰りを待ちながら、手のつけられないほどやんちゃな3人兄弟の世話をしていた。
 長男のノーマン(エイサ・バターフィールド)は農場の生計を立てるため、子豚を売りに出し、いねを刈り取るトラクターを購入しようと考えていた。しかし、その農場を売りに出そうと執拗に追い回す義兄フィル(リス・エヴァンス)。フィルには農場を賭けに出し、多額の借金があった。その農場を売らなければ、フィルは自分の腎臓を取られると必死になっていたのだった。
 ある日、いとこの子どもシリル、セリアの世話を頼まれたグリーン家であったが、大金持ちの裕福な暮らしをしていたため、農場の泥臭さに嫌悪感を表してしまう2人。お父さんの大切なジャムをシリルとセリアが割ってしまったことで、仲が悪くなる一方。イザベルはとうとうストレスが爆発したことにより、不思議な魔法使い(乳母?)、ナニー・マクフィー(エマ・トンプソン)が現れた。


image48_20120211142831.jpg
image46_20120211142831.jpg


子どもが主役の童話のような、ファンタジー映画でした。なんか今にも歌いだしそうな雰囲気。ミュージカルっぽくしても楽しかったんじゃないかなと思います

とりあえず、キャスティングの豪華さにビックリしました。
金持ちわがままな兄妹シリルとセリアのお父さんにはレイフ・ファインズが…!
子どもたちのお父さんにはユアン・マクレガー!途中の回想シーンでは誰だか分からなかったんですが(お父さんイケメンだなとは思ってました。)
ナニー・マクフィー役のエマ・トンプソンも主演だけでなく、脚本や製作に携わっているようで、本当に多才な方だなと感じます。
ハリー・ポッターのトレローニー先生然り、女優では一番のカメレオン役者だと思います。


image64_20120211151833.jpg

前作もあるらしいんですが、個人的にエイサ・バターフィールドくんが見たかったので前作の知識も皆無で鑑賞していましたがまったく問題なかったです。
本当、エイサくん可愛い…!少年らしいヘアスタイルにブルネットの艶がかかった髪の毛と、色素の薄い大きな水色な瞳とか、折れそうなくらい細い手足とか。このまま育たないでほしいなと思いつつ…

エイサくんもちろん、ほかの子役ちゃんたちもすごく可愛かったです。
みんな良いキャラしてた。




追記で感想とか画像


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

No Night Is Too Long

01 10, 2012
MV5BMTkwNTUyNDAwNV5BMl5BanBnXkFtZTcwNTU0OTQxMg@@__V1__SY317_.jpg

原  題:同一
監  督:トム・シャンクランド
日本公開:未公開。イギリス公共放送(BBC)2002年10月31日(アメリカ、フランス製作)
上映時間:不明
キャスト:リー・ウィリアムズ、マーク・ウォーレン、マイケラ・J・マイケル(Lee Williams,Marc Warren,Mikela J Micael)

(あらすじ)
 大学生のティム(リー・ウィリアムズ)はバイセクシャルであった。幼少のころにパブリックスクールで男の先輩と関係をもったことから彼は同性も恋愛対象になっていたが、同時に女性も愛せていた彼は、大学の同級生と遊び半分の恋愛をしていた。
 ある日、ティムは大学内で一人の男と出会う。イヴォー(マーク・ウォーレン)という古生物学の教授であった。イヴォーに一目ぼれした彼は、イヴォーと恋に落ちる。それから二人は恋人関係になり、幸せな日々を送っていた。だが、イヴォーは仕事に追われており、せっかくのクルー旅行にも10日間開けるという楽しみもないことを言われ、彼は「浮気をしているのではないか?」と不安に駆られる。その上、最近のイヴォーの少し暴力的な束縛にも恐怖を感じていたところだった。
 その心のさみしさから同じ客船に乗っていた女性イサベル(マイケラ・J・マイケル)と関係を持ってしまった。イサベルに本気で恋をしてしまったティムは、彼女に夫がいるということを知りながらも諦めきれない。彼女が先に船を降り、恋人のイヴォーが戻ってきても何の喜びも感じられない。だが、彼のお金によって助けられている部分があるティムは、いやいやながらも我慢していた。しかし、クルーのイベントで無人島にたどりついたティムはイヴォーに別れを告げようと口を開いたが、イヴォーは金目当てで嫌嫌付き合っていたことに怒り、ティムに罵りを浴びせる。その言葉に傷つき憤怒したティムは、イヴォーを突き飛ばしてしまい……


no_night_is_too_long_still_03.jpg

キャストについては、読み方がわからないので若干適当です

メイルモデルが好きな私としては自然とLee Williamsのモデル時代の情報や写真が入り、俳優に転身したということでThe Wolves of Kromer」(1998)Still Crazy」(1998)(←これはチョイ役過ぎてどこにいるかが最初わからなかった笑)を鑑賞しましたが、英国でドラマを中心に活躍しているリーの映像を探すのは本当に苦労しました。これもこの内の一つです。

このテレビ映画はYou Tubeなどで鑑賞しました。
日本では販売していないそうですので、つたない英語力ながらも画面に張り付いて翻訳していたのはいい思い出です…
(その上、「ニコニコ動画」でこの映画をコメントで字幕をつけている方がいらっしゃったそうで、昨日見てきました。)
リスニング力は皆無ですが、見ていたら割と何となくわかります。会話が比較的少ないので、リー演じるティムがある部屋でたばこを吸いながら語りかけているところ以外、そんなに苦労はしませんでした。


同性愛が中心の映画はせつない終わり方が多くて、考えさせられることが多いです。
若いティムの自由奔放で、その場しのぎで飽きっぽい性格に比べ、やはりイヴォーは大人です。
少し暴力的なところもありますが、それはティムが嫉妬を煽るような言葉を行ったり、ふらふらと心も体も誰でも許してしまいそうな性格だからだと思います。
途中でティムがイヴォーに同意を得ないセックスをされますが、それがさらにイヴォーへの恐怖心や嫌悪感を煽ります。

イヴォーが10日間仕事でティムを一人にしているとき、ティムは心のさみしさから女性イサベルへと関係を持ってしまいました。
人妻と知りながら本気で恋してしまうティムは、同性への恋愛感情は遊びのようなものなんでしょうか…中盤から街をうろつくフランス人(イタリアかスペイン系?)の男にも体を預けてしまうし…

とにかくティムが自分勝手で後先も考えない男の子です。イヴォー先生が少し暴力的な性格があらわになる以外は「先生が可愛そうだな~…」と感じてました。



感想やネタバレは続きで

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。