スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマ法王の休日

05 19, 2013
MV5BMTQ4MjYzMzYwNl5BMl5BanBnXkFtZTcwODQxMDg0Nw@@__V1_SX214_.jpg


原  題:HabemusPapam
監  督:ナンニ・モレッティ
日本公開:2012年7月21日(イタリア製作)
上映時間:105分
キャスト:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ ほか


(あらすじ)
ある日、ローマ法王が逝去した。システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結し、次期法王を決める選挙“コンクラーヴェ”が開催されることに。投票は新法王が決まるまで何度でも繰り返される。誰もが法王という重責に尻込みし、本命視されていた枢機卿たちも規定の票数を獲得するには至らず、時間ばかりが過ぎていく。そんな中、天の配剤か運命の悪戯か、まったく予想されていなかった無名の枢機卿メルヴィルが不意に新法王に決定してしまう。その結果に誰よりも驚いたのはメルヴィル自身だった。そしてパニックに陥った彼は、新法王のスピーチを待ちわびる大群衆の前に現われることが出来なくなってしまう。困り果てた報道官たちは、素性を知らないセラピストに診察してもらうため、極秘裏に法王をヴァチカンの外に連れ出すことに。ところがメルヴィルは、彼らの隙を突いてローマの街へと逃げ出してしまうのだった。(allchinemaより)


14.jpg

先ず、最後の終わり方が非常にあっけらかんとを迎えてしまい、そのままエンドロールに持っていかれたので、最初はものすごく適当な映画だなぁと思っていました。
静かに始まって、静かにフェードアウトしていく、最初から最後までメルヴィル新法王の苦悩が描かれていると思います。

私はカトリックに信仰はないので、ローマ法王が神の使いであり、皆が全幅の信頼を寄せているということはもっとも驚くべききことですが、その法王が民衆と同じように町を歩いたり昔役者を志していたというような人間味のあることをするべきではないと純粋に考えているところがとても残酷だと感じました
信仰者が崇める神の化身のような存在だとは理解できますが、メルヴィル新法王が言う、“みなと同じただの信仰者の一人である”、という考え方も絶対に間違ってはいないし、その結論や考え方は法王が持ってはいけないことだとは思えません
そりゃ人生歩いて70年くらい経って、じゅんすいなカトリック聖教者として務めてきたのに、いきなり民衆を導くような法王になれだなんてびっくりだなぁ、って…

宗教ってやっぱり抑圧的だなと批判を並べたいんですが、この映画はさらさらと見やすくて、聖職者がとても可愛いです。内容は淡々として、結局メルヴィルの考えが何も変わらずみな失望しますが、やっぱり一人のカトリック信者として生きるということが人生の目的であったわけだから、法王になるというのとカトリック聖教者であるということは別のものだと思いました。


13.jpg

調べてみてもメルヴィルという歴代の法王様はいらっしゃらないようですね。
今のところ歴代の法王様は法王であるという自覚はあるんですかね…笑


コメディとして紹介されていましたが特に笑いどころはこれといってありません。
法王が逃げ出して町のみんな(民衆)の法王に対する感動的な話を聞いて、それで法王が心変わりをして法王として頑張ろっか~とかいうハリウッド的なものを少しは期待していましたが、民衆はほぼ舞台役者としかかかわりません。
ここ最近で見た珍しい映画だなと思います。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


無事大学二年生になりました…変わらず見てくださってくれている方々感謝しています!
今後も一昨年よりかは更新できないと思いますが、ゆっくりと更新していこうと思います。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

リベリオン

02 13, 2012
MV5BMTkzMzA1OTI3N15BMl5BanBnXkFtZTYwMzUyMDg5__V1__SY317_CR0,0,214,317_

原  題:Equilibrium
監  督:カート・ウィマー
日本公開:2003年3月29日(アメリカ製作)
上映時間:106分
キャスト:クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン、テイ・ディグス、アンガス・マクファーデン、ショーン・ビーン、ウィリアム・フィクナー ほか

(あらすじ)
 第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間の感情を抑制するための薬を開発。これを国民に毎日投薬することを義務づけ、徹底した管理国家体制を敷いた。反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストン(クリスチャン・ベール)を中心とした警察に厳しく処罰される。銃を用いた武道ガン=カタの達人でもあるプレストンは、冷徹に任務を遂行する非情の殺人マシンだった。だがある日、誤ってプロジウムの瓶を割ってしまった彼は、仕方なく薬を投与しないまま仕事を続けてしまう…。(allcinemaより)





この動画をなんとなく見てたら興味湧いたので鑑賞してみました。
人をばったばった日本刀で斬りまくる映画だと思ってましたが、銃のアクションも見どころでした。撃ち方カッコイイ。
この映画では「ガン=カタ」とかいう戦法というか拳法というか。
クリスチャン・ベールの走り方って子どものころから変わってなくてちょっと可愛かった。
太陽の帝国」から乙女走りが変わってない。
お肌が陶器みたいだけど、綺麗すぎてロウで作られたみたい。

日本でのキャッチフレーズは「マトリックスを超えた」らしいです。
確かにマトリックスっぽいパッケージ。
ですが中身はちゃんと作られた映画です。


image2_20120213223757.jpg

構成はまあなかなか…近未来系は現実味がないからなのか、基本的同じに見えます。
ですが「感情を抑える薬」以外は画期的な進歩もなく、割とこういう近未来映画では現実味があったように思えます。感情が無い=色合いのない部屋とかいう表し方もなかなか良かったです。逆に感情がある=あったかそうな部屋もあった。
政治体制がちと可笑しく感じました。
あと街並み。これ三池崇史?とか思っちゃうくらいコテコテのCG使った街並みでちょっとダメだった。街並みは普通でいいんじゃないかな…

原題は「イークリブリアム」で邦題は「リベリオン」。
リベリオンの方が言いやすいですね



追記で感想とかネタバレ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

リトル・ダンサー

01 28, 2012
MV5BNTEyMDgwNzU1NF5BMl5BanBnXkFtZTcwMDkxMzI4Mg@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_

原  題:BILLY ELLIOT
監  督:スティーブン・ダルドリー
日本公開:2001年1月27日(イギリス製作)
上映時間:111分
キャスト:ジェイミー・ベル、ジュリー・ウォルターズ、アダム・クーパー、ゲアリー・ルイス ほか

(あらすじ)
炭鉱業で働く父(ゲアリー・ルイス)の息子、ビリー(ジェイミー・ベル)は「男ならボクシングを習うべき」と言われて嫌嫌ボクシングを続けていた。しかし、その成果は出ぬまま、ビリーは居残り練習をされてしまう。炭鉱不況により、ストライキを起こしている人々が、バレエ教室を使用できなくしてしまったため、バレエレッスンの隣で居残り練習をするビリー。偶然目に入ったバレエに惹かれ、真似して踊ってみると、バレエレッスンの先生ウィルキンソン(ジュリー・ウォルターズ)の目に入り、彼は父親に内緒でバレエの練習を続ける…



面白かったです!
ジェイミー・ベル演じる可愛い少年、ビリーの心の表現の仕方がダンスだというところに目を惹かれました。
喜びや悲しみ、怒りをダンスで演じきることによって、言葉や顔では表現できない演技が素敵です。
もちろんそれが自然と顔の表情にあらわれているところは、彼がバレエ学校の面接のときに言っていた「無心になれて、自分の体がとても柔らかく、熱くなる」というのがよくわかります。

なにより脚がきれいで、体も細く、柔らかいのに力強いステップや回転、高いジャンプがすごいです。


男がバレエなんて…というビリー自身も思っている偏見も、周りの人間を少しずつ変えてくれているきっかけになっているのではないでしょうか。

そして、その人間たちによってビリーが支えられて成長していく…

夢をあきらめない、純粋な少年の姿には「偏見」も何もなく、ただそこには希望に満ちあふれた素敵な人生が見つめられ作られるのではないかと、感動する映画でした。



ネタバレや感想は追記で

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

リアル・スティール

01 04, 2012

原  題:Real Steel
監  督:ショーン・レヴィ
日本公開:2011年12月9日(アメリカ製作)
上映時間:127分
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー、アンソニー・マッキー、ホープ・デイヴィス

(あらすじ)
一昔前はボクシングで名をはせていたチャーリー。だが、2020年にもなると人間同士のボクシングよりもロボット同士でのボクシングが流行っていた。無鉄砲なチャーリーはロボットをとりあえず買い、ロボットをよく理解もせずその場しのぎの攻撃で負け続けており、借金もたくさんあった。
そんな時、10年前の元恋人との間にできた子供、マックスを預かることになった。マックスの母親は亡くなっており、親権問題によりチャーリーのもとへと委ねられることになっているが、チャーリーはぜひ引き取りたいという母親の姉デブラに内緒で夫のマーヴィンと10万ドルで子供を8月末まで預かることにした。マックスは父親を知らない少年。父親との初対面も「自分を金で買った」という最悪の出会い方。だが、廃品工場から見つけた「アトム」という古い2世代ロボットを通じ、次第にチャーリーを父親と感じて行く…



つい最近映画館で観ました。
これは映画館向けの映画って感じだなと思ったのが最初の感想でした。
迫力のあるロボットの戦闘シーンや、流れるBGMが響いて胸を熱くさせてくれます!

最初は友達のようだった父子も、だんだんと親子のような姿になって行き、マックスの知らなかった父親が憧れとして心を揺らしていきます。
王道の物語だな!といえばそれで終わりですし、私自身、ロボットや動物が傷つくのは見ててつらいので何となく見ていた序盤は、ボクシング映画だったのか…と少し残念に思ってました…(人が殴りあってもロボットが殴りあっても私は痛いという感情しか生まれないし、ロボットだと感情がない分、人間の思い通りに扱われて壊れた後も廃品扱いでかわいそうなので…)
「ロッキー」をモチーフにしているようですが、「ロッキー」を詳しく見たことがないのでよくわかりませんでした;
なんとなく見ていた割に、アトムやチャーリー、マックスを応援する気持ちが高ぶって最後は私も一緒に戦ってました(気持ちで)!

ちなみにマックス役のダコタ・ゴヨくん、「マイティー・ソー」でソーの子供時代を演じているそうです。
悲しげな瞳やら、怒りや真剣な眼差しがとっても可愛くもあって、カッコよかったです。


可愛くってかっこいいマックスとアトムのダンス(ネタバレ含)



とりあえず詳しい感想は追記で…



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

12 26, 2011

原  題:Lock, Stock and Two Smoking Barrels
監  督:ガイ・リッチー
日本公開:1999年8月7日(イギリス制作)
上映時間:107分
キャスト:ニック・モラン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャー、ヴィニー・ジョーンズ
あらすじ:トランプには強いエディは仲間の3人と一緒に10万ポンドを用意し、ポルノ店を営んでいる「手斧のハリー」へとトランプで賭けを挑む。だが、ハリーの手下とのインチキにより、まんまと10万ポンドと賭け時に負わされた借金(あわせて50万ポンド)を背負ってしまう。「1週間以内に借金を返さなければ指を切り落とし、父のバーも取る」と脅され、絶望する四人であったが、隣人の大麻売人襲撃の計画を聞き、それを利用し金を奪おうと思いつく。



ガイ・リッチー監督作品でも一番好きな映画です!
クラシックな雰囲気が漂う中で、ハードボイルドさがありつつ、でもとてもユニークでポップな映画です。
絡み合うストーリーで悪運を持っている4人の構成にも注目ですが、なんたって「パルプ・フィクション」のように会話がとってもおもしろいです。この作品では長々と話すわけではなく、ちょっとした4人の皮肉やポロっと出た一言が笑わさせてくれます。

この作品でエディを演じたニック・モランはこれ以後注目されてドラマや映画などに出演しているようですが、日本で公開されているものは数少なく、見つけるのも大変でした。(このほかの作品で有名なのはハリーポッターと死の秘宝でスカビオール役あたりだと思います)
この「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(98)」時は29歳で、「ハリーポッターと死の秘宝パート1、2(2010、2011)」では42歳…ヴィジュアル系のような目の周り真っ黒な汚い化粧でしたので見た当初は誰だか理解できていませんでした。ハリーポッターと死の秘宝パート1のブルーレイディスク特典のなかでは彼が解説してくれる特典がありましたが、29歳当時とまったく変わらなくてとても驚きました。映画自体には映像処理などにより時代を感じますが、ニック本人にはまったく時代を感じなくいつまでも若々しい人だなと思います。
いやいや、見ていたらこの4人みんな若々しい…



ジャズのような低音の利いたサウンドトラックも素敵です
「Walk this land」





追記でネタバレ・感想です。


にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

続きを読む »

◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。