スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスケットボール・ダイアリーズ

12 23, 2014
basket.jpg


原  題:The Basketball Diaries
監  督:スコット・カルヴァート
日本公開:1996年1月20日(アメリカ製作)
上映時間:102分
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ウォールバーグ、ジェームズ・マディオ、ジュリエット・ルイス、アーニー・ハドソン ほか


(あらすじ)
 ハイスクールでは問題児として扱われているジムは、バスケットボールに対する努力だけは熱い。ミッキー、ペドロ、ニュートロンとともに毎日軽い不良行為をして気楽に遊んでいた。しかしバスケットボール仲間でもあったボビーを白血病で失い、仲間と麻薬(ヘロイン)へと手を出す。「自分だけは大丈夫」と軽い気持ちで走った土曜日のヘロインは、だんだんと回数を重ねるごとに中毒と化していく。熱心だったバスケットボールも麻薬のために退学に伴い辞めることを強いられ、シングルマザーだった母親にも半ば家出に近い形で追い出され、ジムはさらに麻薬におぼれていく。
 ジム・キャロル著作『マンハッタン少年日記』を映画化した実話。




vlcsnap-2014-12-23-16h12m40s102.jpg

 ふと、「ディカプリオが見たい!」と思い、タイトルからして「バスケットボールに打ち込む青少年を描いた青春ストーリーかな?」とろくに中身も調べずに見てしまった作品でしたが、中身が何と重たいこと・・・・
 共演していたジュリエット・ルイスとは『ギルバート・グレイプ』(1994)でも一緒に出演していましたか。ジュリエット演じるダイアンも麻薬を手に入れたいがために売春を働いていたりする女性。まだジムがハイスクール(カトリック主義学校)にいたころは、非行を働きながらも落ちぶれたジュリエットのことを見下して元気にケラケラ笑っていたのですが、後に自らも中毒になり、麻薬にすがるお金もないときにジュリエットに援助を求めるのですが、逆にあしらわれてしまいます。20セントがばらまかれたコンクリートからチマチマ集めるジムのみじめなことといったらなかった。

 原作者のジム・キャロル氏は劇中でも姿を現しており、ヘロイン漬けとなって前後左右あやふやなディカプリオ演じるジムによくわからない話をひたすら語り続けるという形で出ていられます。このシーン必要なの?と思い後に調べたら作者の方でした。


vlcsnap-2014-12-21-11h47m01s25.jpg

 ジムが麻薬に走ってしまったきっかけが熱心なバスケットボール仲間だった白血病ボビーの死でした。ジムが心の支えとなって、バスケットボールを続けていたのだろうと思います。後に麻薬から救ってくれたのが公園でよくバスケの野試合をしていたレジー、この時の葛藤や禁断症状の苦しみ方が何ともリアルで哀れだなぁと心の底から思ってしまいます。
 麻薬の資金のために売春も働きましたが、まだ麻薬もそこそこだった頃にバスケのコーチだった監督・スウィフティに売春を迫られ一度断っています。麻薬による試合中の失態から退学後、この時にスウィフティの幻覚が嘲笑いながら登場。一時の快楽や苦悩から逃れるために、プライドを捨ててこんなことまでするのかと思うと自分でも何をやっているんだろうと思った事でしょう。しかしそれでもやめられないのが麻薬、売春のほかにも強盗など様々なことをやっています。
 仲間のペドロは(麻薬に詳しくないのでよくわからないのですが、その影響からか)眠気がすさまじいみたいで、強盗をミッキーと3人で犯した後に逃げられず警察に捕まってしまいます。ミッキーは、ジムと2人で不純度な麻薬を売りつけてきた売人を追いかけた際、不慮の事故で死なせてしまい10~15年の処罰に化せられています。麻薬に深く関わらなかったニュートロンはバスケットボールを続け、大きなチームに入団。ふとしたことでジムにも伝わりますが、こんな麻薬中毒な自分とニュートロンを比べて色々と思うことがあったでしょう。

 お金が無くなり、仲間もいなくなり、人見知りには嘲笑われ他人のふりをされ・・と最後に行きついたのが母親でした。ニュートロンが「母に親孝行してやりたい。」と語っていたのを見て、心では分かっているのに何もできず・・とだらだらと麻薬を続けていましたが、お金の援助を求めてまた母親のところへ戻ります。
 可哀想な自分の息子をどうすることもできず、警察へ通報、拘置所で今までの自分の行動に頭を冷やしたのか出所後は麻薬の恐ろしさや現状を舞台にのぼりみなに語ってフェードアウト、という形で映画は終わります。

 出所後にペドロと再会していますが、ミッキーが10年~15年の刑に科されると話していました。「未成年なのに成人と同じ扱いだ」と言っていたところを見れば、3年経っていないということなんですね。一体何歳なんでしょうか・・しかし早いうちに中毒から立ち直れてよかったです。



vlcsnap-2014-12-21-12h14m46s26_20141223164537e86.jpg


 ジムはバスケットボールのほかに、日記をつける・小説を描くことも好きで続けていました。親友のボビーや、死にかけていたところを助けてもらったレジーも彼の文章を見て感動しています。
 レジーが禁断症状から落ち着いたジムに「お前の詩が好きだ」と言ってくれたあとのジムのこの笑顔…!すごく可愛いです。
 その結果、現在本を執筆しているきっかけにもなり、若者の麻薬について生々しく描き、様々な人に伝えることにつながったのでしょう。


vlcsnap-2014-12-21-11h58m09s51.jpg

 しかし相変わらず美しい顔だけではなく、演技もまた上手というのがディカプリオの魅力だなぁと感じさせられます。
 思っていた中身とは解せないくらい違うストーリーでしたが、麻薬中毒者、これもまた彼の演技の魅力の一部となっているので素敵です。
 この作品に至っては、私と同じく「バスケットボールするディカプリオが学生生活を謳歌する青春映画?」と思って手に取った方も多いのではないでしょうか・・裏を返せばディカプリオが出てなかったら手に取る方が少なかったのでは?と思ってしまう映画でもあります。



vlcsnap-2014-12-21-12h20m58s151.jpg


basketballdiaries.jpg

(上記画像IMDbから)
スポンサーサイト

ショーガール

09 15, 2013
201300.jpg


原  題:Showgirls
監  督:ポール・バーホーベン
日本公開:1995年12月16日(アメリカ製作)
上映時間:128分
キャスト:エリザベス・バークレー、カイル・マクラクラン、ジーナ・ガーション、ロバート・デヴィ ほか


(あらすじ)
トップダンサーを目指すノエミ(エリザベス・バークリー)はヒッチハイクでラスベガスにやって来た。超高級ホテル「スターダスト」で開催中のショー〈女神〉の衣装係、モリー(ジーナ・ラヴェラ)と親友になったノエミは〈女神〉のトップスター、クリスタル(ジーナ・ガーション)を紹介してもらうが、彼女に冷たくあしらわれる。その夜、ノエミがヌードダンサーとして踊っている三流のクラブ「チーター」に、恋人であり〈女神〉の興行主でもあるザック(カイル・マラクラン)を連れたクリスタルが訪れた。(映画.comより一部抜粋)



img20132.jpg

 「最低な映画」として最悪○○賞を多く受賞したこの作品、確かに下品さや易々と裸になるシーンが多いため、「また裸かよ」とエリザベス・バークレーの裸にすら慣れを感じるほどです。ほぼ裸・下着・ボンテージ・きらびやかで挑発的な舞台衣装を着ているので、普通の服を着ているとちょっと違和感があるくらい…
 こういった視覚的にエロチックな描写が大半を占めているために、話の内容はあまり評価されていませんが中身は単純ではなく結構作られていて私は楽しく鑑賞することができます。
 よくある都会に出てきた主人公が、イケメンなショーや音楽関係の男と一度喧嘩するも結局ミュージカル調に歌でふたたびつなぎ合わされる…なんていう良い展開もなく、はなやかな舞台の裏でドロドロと渦巻く嫉妬や金銭ですべて許される許され難い行為、プライドや人権などを無視される日常など、エロチックで暴力的な描写が多い中で現実的なストーリーだと思います。
 最初は「舞台で活躍するショーガールになる!」と純粋な夢を持っていたノエミですが(まぁ元から売春婦で裸で踊ったりすることに対してのためらいなどはなかった)、ザックやクリスタル、ジェームズに裏切られ、唯一の親友モリーへ行われた悲惨なレイプ、頂点になりたいがために自分がした一線を越えた犯罪行為、こういった出来事で彼女はすべてを吹っ切るように街を出ていきます。

 ノエミの恋愛に関しては、ジェームズがダンス指導といいつつ誘い一度セックスしていますが、ほかの女にもダンス指導と言って同じようなことをしていたので、結局ノエミが舞台上で奮闘している間に相手に子供ができ、愛しているかどうかもわからないが子供ができたので仕方なく結婚する、といったクズっぷり。
 中盤では「お前にはダンスの才能がある!」と熱く口説いていたシーンの中でノエミのダンスのうまさに魅力されていたのは本当だとは思うのですが、結局ノエミにもジェームズにもダンスでの情熱は現実味を帯びて夢の中だったといったところでしょうか。(終わりにジェームズがそこら辺の女を集めてつくったと思われる、大ブーイングダンスを披露していた)

 クリスタルを階段から突き落とし、勝ち取った「スターダスト」への頂点・女神となったノエミですが、一度えげつない裏の行為を認め、行い、頂点へ立ったとしてもはかなくてむなしいものがあります。
 「一度頂点に立ったら、それを保つためにどんなことでもしなければならない」とクリスタルはノエミに諭していたように、それが華やかなショーガールの裏の姿なんでしょうね



img20131.jpg

 なにはともあれ、最低な映画と言われていたので期待度低めで観たのか、私はそんなひどい映画でもなかった気がします。エリザベス・バークレーも結構ダンス上手だし、ジーナ・ガーションも魔女みたく美しくて、ショー事態は変化に富まないし白いモザイクが下半身に入っていたりするところの間抜け感は否めませんが、舞台衣装もきれいだったりします。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ローマ法王の休日

05 19, 2013
MV5BMTQ4MjYzMzYwNl5BMl5BanBnXkFtZTcwODQxMDg0Nw@@__V1_SX214_.jpg


原  題:HabemusPapam
監  督:ナンニ・モレッティ
日本公開:2012年7月21日(イタリア製作)
上映時間:105分
キャスト:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ ほか


(あらすじ)
ある日、ローマ法王が逝去した。システィーナ礼拝堂には各国の枢機卿が集結し、次期法王を決める選挙“コンクラーヴェ”が開催されることに。投票は新法王が決まるまで何度でも繰り返される。誰もが法王という重責に尻込みし、本命視されていた枢機卿たちも規定の票数を獲得するには至らず、時間ばかりが過ぎていく。そんな中、天の配剤か運命の悪戯か、まったく予想されていなかった無名の枢機卿メルヴィルが不意に新法王に決定してしまう。その結果に誰よりも驚いたのはメルヴィル自身だった。そしてパニックに陥った彼は、新法王のスピーチを待ちわびる大群衆の前に現われることが出来なくなってしまう。困り果てた報道官たちは、素性を知らないセラピストに診察してもらうため、極秘裏に法王をヴァチカンの外に連れ出すことに。ところがメルヴィルは、彼らの隙を突いてローマの街へと逃げ出してしまうのだった。(allchinemaより)


14.jpg

先ず、最後の終わり方が非常にあっけらかんとを迎えてしまい、そのままエンドロールに持っていかれたので、最初はものすごく適当な映画だなぁと思っていました。
静かに始まって、静かにフェードアウトしていく、最初から最後までメルヴィル新法王の苦悩が描かれていると思います。

私はカトリックに信仰はないので、ローマ法王が神の使いであり、皆が全幅の信頼を寄せているということはもっとも驚くべききことですが、その法王が民衆と同じように町を歩いたり昔役者を志していたというような人間味のあることをするべきではないと純粋に考えているところがとても残酷だと感じました
信仰者が崇める神の化身のような存在だとは理解できますが、メルヴィル新法王が言う、“みなと同じただの信仰者の一人である”、という考え方も絶対に間違ってはいないし、その結論や考え方は法王が持ってはいけないことだとは思えません
そりゃ人生歩いて70年くらい経って、じゅんすいなカトリック聖教者として務めてきたのに、いきなり民衆を導くような法王になれだなんてびっくりだなぁ、って…

宗教ってやっぱり抑圧的だなと批判を並べたいんですが、この映画はさらさらと見やすくて、聖職者がとても可愛いです。内容は淡々として、結局メルヴィルの考えが何も変わらずみな失望しますが、やっぱり一人のカトリック信者として生きるということが人生の目的であったわけだから、法王になるというのとカトリック聖教者であるということは別のものだと思いました。


13.jpg

調べてみてもメルヴィルという歴代の法王様はいらっしゃらないようですね。
今のところ歴代の法王様は法王であるという自覚はあるんですかね…笑


コメディとして紹介されていましたが特に笑いどころはこれといってありません。
法王が逃げ出して町のみんな(民衆)の法王に対する感動的な話を聞いて、それで法王が心変わりをして法王として頑張ろっか~とかいうハリウッド的なものを少しは期待していましたが、民衆はほぼ舞台役者としかかかわりません。
ここ最近で見た珍しい映画だなと思います。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


無事大学二年生になりました…変わらず見てくださってくれている方々感謝しています!
今後も一昨年よりかは更新できないと思いますが、ゆっくりと更新していこうと思います。よろしくお願いします。

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ

02 11, 2013
MV5BMTkxMTE3NzEzMl5BMl5BanBnXkFtZTcwMzc4MTU2Mw@@__V1_SX214_.jpg


原  題:I spit on your grave
監  督:スティーヴン・モンロー
日本公開:2011年6月4日(アメリカ製作)
上映時間:108分
キャスト:サラ・バトラー、ジェフ・ブランソン、アンドリュー・ハワード、ロドニー・イーストマン ほか


(あらすじ)
新作執筆のため森の奥の別荘にやって来た小説家のジェニファーは、別荘に侵入して来た地元の男ジョニーをリーダーとした4人のグループに襲われてしまう。暴力を受けながら何度もレイプされたジェニファーは、男たちに射殺されそうになった寸前、川に身を投じる。しかし、死体は発見されず、彼女の消息は途絶えるが……。(Yahoo映画より)


10.jpg


今回はグロテスクバイオレンスな映画「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」についてです

暇つぶしとしては最高の映画だったのですが、何せ主人公のジェニファーが復讐するまでの痛めつけられ方が残酷すぎて二回目三回目はただ彼女が復讐するシーンからしか見られないです
ここまで何も考えなくていい映画って珍しいなぁと思うほど、分かりやすい展開と分かりやすいストーリーな上、村の男たちが最高に最低だったので、ひとりひとりが死んでいく様にはとてもスッキリと終われます

なんというか…
彼女を襲った男たちは最終的には彼女にひとりひとり始末されていくわけですが、ただ彼女が男たちを痛めつけて殺していくばっかりだったのでそこはちょっとつまらないと感じました
序盤に何度も許してと乞うたのに、恐怖に追い詰められて最後にレイプされた彼女の精神状態ってすごく圧迫されたものだったはずだったと思うのですが、復讐は案外アッサリしてるなぁと…

カラスに目つつかれたり、塩酸のお風呂の真上に縛られたり、歯を抜かれたり、大切な部分をちょん切られたり、お尻に銃を入れられたりと…なんか下品すぎて、ジェニファー自身がされたことへの復讐ってあんまり関係がないと思いました


12.jpg


グロテスクなもの見たいなぁ…とかなんとなく暇つぶししたいなぁ…って時には、ストーリー展開がわかりやすいのと何も考えなくても見られるのでオススメします



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


私生活の関係であまり更新できませんでしたが、映画は変わらず見ているのでまた暇なときに記事を少しずつ書いて行こうと思います
閲覧してくださっている方いつもありがとうございます

アベンジャーズ

08 25, 2012

MV5BMTk2NTI1MTU4N15BMl5BanBnXkFtZTcwODg0OTY0Nw@@__V1__SY317_CR0,0,214,317_


原  題:Marvel's The Avengers もしくは Marvel The Avengers
監  督:ジョス・ウィードン
日本公開:2012年8月14日(アメリカ製作)
上映時間:143分
キャスト:ロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、ジェレミー・レナー、スカーレット・ヨハンソン、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ ほか

(あらすじ)
シールドの基地に突然アスガルドを追放されたロキが現れ、無限のパワーを持つという四次元キューブを奪い去る。世界滅亡の危機が迫る中、長官ニック・フューリーはヒーローたちを集め、“アベンジャーズ”を結成、ロキと戦う決断をする。永い眠りから覚めた“キャプテン・アメリカ”ことスティーブ・ロジャース、“アイアンマン”ことトニー・スターク、怒るとハルクに変身するバナー博士、雷神ソーたちが集まった。(goo映画より)



1.jpg


やっと見てきました…去年から楽しみで仕方なかったマーヴェルの人気ヒーローが集まった「アベンジャーズ」!
終始興奮しながら今回3Dで鑑賞しました。

序盤からわくわくさせる展開で、後半からアクションに時間を取っていたこともありヒーローらしさを見せつけられました
しかしアクションが長かったこともあり目が疲れる!
この映画に限ったことでもないんですが、3D字幕は文字が浮いているように見えて目の疲労がすごいです。
映画は3Dになるということでこだわったのか、立体的で目の前に物が飛んで来たりと、3Dにするためにわざわざ延期された「ハリー・ポッターと死の秘宝Part2」よりは3Dで見てよかったかなと思います。

あとヒーローたちのさまざまな筋肉を見る機会が劇中で多かったので女性にもおすすめ。素晴らしい筋肉


追記で感想

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

続きを読む »

◆映画一覧
プロフィール

やみこ

Author:やみこ
職業:学生


映画に対して適当な感想と共に書いているのでとくに参考になることはないと思いますが、趣味として閲覧して下されば嬉しいです。
リンクは適当にどうぞ

画像に関しては主に映画のスナップショット、IMDb、その他画像情報サイトから張り付けてあります。
画像に関して一切当ブログは関係ありませんので、肖像権の違反やその他転載禁止な画像や情報であれば、注意を受け次第対処致します。

にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。